Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


NYのレストラン#014 - Crab Shack

一度でいいから「クリリンのことかぁー!!」って叫びながら夢から覚めてみたいともきですこんばんは。

先日オイスターテイスティングをした友人夫婦が、今度は蟹を喰らいに連れて行ってくれた。「NYのレストラン」とか言いながら、実はニュージャージー州。でも車で小1時間で行けちゃう、海外沿いにある店だ。

ここは友人夫婦が偶然発見したという、とってもローカルなお店。
入り口からして、かなりローカル。
f0081992_558145.jpg

というか看板とか隠れちゃってるし。
宣伝する気まったくナシといった感じ。

大丈夫か?と思いながら店に入ってみると、大量のカニが入ったバスケットが並んでいた!
f0081992_654178.jpg


このカニ、新鮮そのもの!
高速シャッターでも捕らえ切れないくらいの速さで、バスケットの中でうごめいてました。
f0081992_665493.jpg


ハサミのブルーが特徴的なこのカニ、毎朝お店のおっちゃんが捕りに行くのだとか。
おっちゃん、自慢げにカニを持って見せてくれました。
f0081992_682831.jpg


これはウマイに違いない!

このお店ではまずカニのサイズを選ぶ。
僕らは、とりあえず「大」を1ダース頼んだ。

運ばれてきたカニはまさに圧巻!
f0081992_6112123.jpg

(写真は友人夫婦)

蒸したてで熱々のこのカニに、オールドベイスパイスを大量にぶっかけて、いただく。
f0081992_6124791.jpg


ここからはまさに格闘。
4人とも無言でカニと戦いました。
これがかなりウマイ!!
プリップリの身に、ピリッとしたスパイスが最高の相性。クリーミーなカニ味噌も堪能した。

30分後には、ごらんの通り。
f0081992_6153251.jpg


しかしこれでは終わらない。
続いて僕らは、「中」サイズのカニをさらに半ダース頼んだ。
これもまたうまい!同じカニの種類なのだが、小ぶりな身はさらに引き締まっていて、カニ味噌の風味も若干違う。

スパイスとカニ汁で顔も手もぐちゃぐちゃになりながら、完食。
勝った。勝ちました。完勝です。

はー、満たされた!

昔はマンハッタンにも同じような店があったのだが、最近こういう素朴かつ豪快なお店は見なくなってしまった。

それだけに、このお店の存在はかなり貴重!
無心にカニを喰らい続けるこの幸せを、皆さんも是非味わってみてください。

お店データ:
住所: 74 Mantoloking Road, Brick, NJ 08723
電話: 732-477-1115
一人あたり予算: 20ドル

by tomokingT | 2008-09-29 06:27 | レストランレビュー

NYのレストラン#013 - Aquagrill

「メラミン」がドラクエの新しい呪文ではないということを最近知ったともきですこんばんは。

先日、友人夫婦とSohoにあるAguagrillに行ってきた。
このお店は、フレッシュなシーフードが有名なお店。店に入るとすぐに、でっかいオイスターバーが目に入る。バーに座ったお客さんは皆、シャンパンや白ワインをたしなみながら豊富な種類のオイスターを味わっている。

僕らも当然、生牡蠣の盛り合わせプラターを頼んだ。
すると25種類ものオイスターを乗せた、こんなプラターが運ばれてきた!

f0081992_4543985.jpg


これを4人で交互にテイスティングしてみることに。
ルールは簡単。まず3段階評価で点数を付け、一番最初に頭に浮かんだイメージを言うだけ。

こんな結果になりました。

f0081992_5133878.jpg


なんともよく分からないなコメントですんません。

11番目の「ニモ!」にいたっては名詞ですし。それ以上に、熱帯魚ですから。ニモは。
生ではちょっと。そういえば昔Winkが「刺身に熱帯魚」って歌を歌っていたような。。。。

いやーでもこのテイスティング大会、楽しかった!
この遊びを考え付いたのは、一緒に行った奥様のMiho。彼女はここに来るたびに、友人とこのテイスティングをするのだとか。確かに毎回違うオイスターを試せるし、いいアイディアかも。

ちなみに「プリンスエドワード島」とは、あの赤毛のアンの舞台として有名な、カナダの島。赤毛だけじゃなく、オイスターも有名だったんですねー。

しかし24番のカリフォルニア産「Kumamoto」、てのはなんとも。
カリフォルニア産シャンパン、みたいなものか。(ちなみにこのシャンパンはフランスのシャンパーニュ地方から訴えられてました)
そのうちカリフォルニア産神戸牛とかも出てくるのかもね。

あ、それとこのお店のロブスターサラダは、激ウマ。是非試してみてください。

お店データ:
住所: 210 Spring Street, New York, NY 10012
電話: 212-274-0505
URL: http://www.aquagrill.com/
一人あたり予算: 80ドル

by tomokingt | 2008-09-27 05:25 | レストランレビュー

最近体調がよろしい

我が家のCocoがなかなかトイレを覚えてくれなくて糞拾いに明け暮れる今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて最近、社会人になってから一番と言って良いほど、体調が良いのです。

なぜか。

まずは愛妻が栄養素満点かつバランスの取れた食事を作ってくれるからでしょう。
独身一人暮らし時代、料理といえばパスタか、あるいはパスタくらいしか作れなかった僕。炭水化物マニアか!というくらいパスタばかりの食事でかなり偏ってました。
食生活が改善されたことが、まず一番の原因でしょう。

続いて、最近よく運動をしているから、という理由もあります。
年がいもなく会社のサッカーチームに入り、毎週日曜日に試合で走りまわるようになり、さらに家の前にある人工芝生のフィールドで近所の若者と草サッカーを週2回くらいのペースでしてます。

しかしこの「近所の若者」たち、かなり若い。
皆、馬か!ってくらい走りまわります。
20代くらいの奴らが多いのですが、中には明らかに10代の子も。

今日、そんな中に「けんじ」という日本人の男の子がいた。
明らかに、若い。

サッカーが終わった後、「けんじ君は何歳なの?」と聞いたら、



「12歳。」


グモー!!
ヤングメーン!ヒーイズ・ヤングメーン!!

っていうか20歳年下ですか。

若いにも程があるぞけんじ君。

でもそんな若者と一緒に走り回れる自分を誉めてあげたいです。(by Ali Molly)

by tomokingT | 2008-09-26 09:48

素晴らしいぜペットトーイ

日本にいるERIが、我が家のCocoのためにこんなにたくさんのペットトーイを送ってくれた!

f0081992_13233241.jpg


左から、秋刀魚、ネギ、バナナ、板チョコ、エビブライ、うなぎ、マスコットが5個もついた手袋、そしてお買い物バッグが入った21世紀猫型ポーチ。

どれも最高にユニークなこのペットトーイ。ぬいぐるみの老舗、Besteverの商品なのだが、なんとERI自身によるデザイン。何がすごいって、こんなに可愛いいのにさらにあの犬が大好きな「クシャクシャ」っていう音がするし、押すと「キュッキュッ」って鳴る仕組みになっている。

これはもう、たまりません。
警戒心の強いCocoも、すぐに新しいおもちゃで遊び始めた。

特にCocoは、エビフライがお気に入りのご様子。
一日中モグモグとエビフライに噛み付いてます。
f0081992_1332043.jpg


f0081992_13321289.jpg


f0081992_13322781.jpg


f0081992_13353067.jpg


しばらくはおもちゃには困らなそう。
ERI、ありがとう!

このペットトーイをはじめ、ほかにもたくさんのオモロ可愛いグッズはこちらでゲットできるので興味のある方はどうぞ!
www.bestever.jp

ちなみにERIのところのネネちゃんは、「ネギ持ってきて」というとちゃんとネギをくわえてきて、「秋刀魚持ってきて」というと秋刀魚をくわえてくるという、天才犬らしい。。。。うちのCocoもみならわなくてはと、エビフライをくわえるたびに、「エビフライ、エビフライ」とささやきかけています。

まさか犬に「エビフライ」と語りかけるとは、思いもしませんでした。

by tomokingT | 2008-09-22 13:45

BFAの秘密

うちの会社では、プレゼンを作るときに必ず登場する、「BFA」なるものがある。

なんのことはない、プレゼンのページの中央に来る、大きな矢印のことだ。
ページの左側に要因や原因を書いて、右側に「したがって、こうなります」的な結論を書く場合に、よく使用される。

(使用例)
f0081992_7202663.jpg


この矢印のことを、うちの会社では「BFA」とみんな呼んでいる。

一体何の略なのか?

入社してしばらく疑問に思っていたのだが、先日、ついに解明した。




なんと、




びっぐふぁっきんあろー



の略だった。

つまり「くそでかい矢印」。

そのまんま。。。。
皆さんも是非、積極的に使ってみてください。

by tomokingt | 2008-09-11 07:28

リーテ ラトバリタ ウルス アリア ロス バル ネトリーヌ

カルロス・トシキ&オメガトライブの新曲が待ち遠しい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先週の金曜日、妻の友人夫婦と食事をした。以前タイで結婚式を挙げた、あの素敵なカップル。昔の話題でかなり盛り上がったのだが、特に懐かしいアニメや漫画の話題には熱が入った。

そこでまた思ってしまったのだが、「昔はよかった」じゃないけど、僕らが子供の頃って、今よりもずっと面白いアニメや漫画がたくさんあった気がする。

その代表例が、宮崎アニメ。

ナウシカとかラピュタって、すんごく面白くなかった?純粋に。

だって、「バルス!」とか今でもいきなり叫びませんか?皆さんは。
だんご虫を見ると、知らずに「ラン、ランララ ランランラン」って寂しげなメロディーを口ずさんでしまいませんか?
運動神経が鈍い太っちょさんを見ると、「飛べない豚はただの豚だ」とかって密かにほくそ笑みませんか?

それほど印象深かった宮崎アニメ。

なのに最近の宮崎アニメときたら、「もののけ姫」にしろ「千と千尋」にしろ、何だか神がかってきちゃって、良く分からない。「ハウル」や「ぽにょ」に至っては、見る気さえしない。

第一「もののけ姫」や「千と千尋」を「最近」と言っちゃうあたり、既に付いていけてない。。。。

もちろん昔ほど興味がない、というのもあるけど、絶対的に面白さが薄れてきてるのでは??

これが年を取るということなのかっツ!!!(テイク2)

「いや、そんなことない。今だって見る価値のあるアニメはある!」
という方、推薦お願いします。

でも面白くなかったら腐りかけた巨神兵をそちらに仕向けますが。

by tomokingt | 2008-09-09 02:22

最近、若者の動向について行けてない

先々週あたりか?
いつものようにGoogleニュースを閲覧していたら、こんなニュースが目に入った。

「MAXのAkiが脱退で、MAX解散危機!」

えー!!!??
MAXってまだいたの?

いやー知らなかった。
そもそもMAXってもとはスーパーモンキーズですから、つまり各々は猿なわけで、みんな集まると超猿軍団になって日光もびっくりみたいな、ってあまりの動揺に意味不明なセンテンスをライティングしちゃいましたが、いたんですねー、MAX。

で、このニュースを読んで思ったのが、

最近、ヤングな話題に付いていけてない

ということ。
今どの歌手が人気で、どんな歌が流行っていて、月9ではどんなドラマがやっていて、巷ではどんなファッションやがうけているのか、まーったく知らん。

日本を離れているから、というのもあるのだろうけど、それ以上に興味がない。昔ほど。

話題に付いていけないだけじゃない。
行動パターンもかなり変わった。

最近、大きなパーティとかクラビングとかが、嫌い。
それだったら家で本を読んでたいと思ってしまう。。。。

これが年を取るということなのかっツ!!!

同世代の皆さん、同じですか?それとも、皆さんは今もナウなヤングですか?

「ひとつ屋根の下」を毎週楽しみに見ていた時代が懐かしい。。。。

by tomokingt | 2008-09-03 02:27

今この俳優がすごい

最近ハマッてる俳優がいます。

Jeremy Pivenという輩です。
f0081992_0443411.jpg


1986年に映画デビューした彼は既にかなりのキャリアの持ち主なわけですが、僕が彼に初めて注目したのは、2000年に公開された映画「The Family Man」(放題:「天使のくれた時間」)で、ニコラス・ケイジの親友役を演じた時でした。ウィッティなセリフにコミカルな演技、かなりツボにはまりました。

(ちなみに「ウィッティ」とは「ウィットにとんだ」の略で、決してウィッキーさんではありませんのでよろしくお願いします。)

そして2001年に「Serendipity」でJohn Cusackの親友役に抜擢された彼は、さらに磨きのかかったトークで存在感をアピールしました。「こんな友達いたら最高に楽しいだろうな」と思わせる演技でした。

その他にも「Old School」の嫌味な学長役もインパクトありました。

(彼のフィルモグラフィに興味がある方はIMDBをどうぞ。)

そして今、HBOの人気テレビシリーズ、「entourage」で大ブレーク。

ハリウッドで映画スターのエージェンを務めるAri Gold役を演じるJeremy Pivenは、最高です。この役はまさに彼のためにあるような役。大胆で、下品で、失礼極まりないのに、なぜか憎めない。憎めないどころか、その心地よいほどの横暴ぶりから目が離せません。

もうすぐシーズン5が始まるこのシリーズですが、Ari Goldは数々の名台詞を残しています。既に伝説。

まだentourageを見ていない人は、必見。Jeremy Pivenのアナーキーさを是非堪能してください。

ちなみに日本ではFox Lifeがこのentourageを放映していますが、「アントラージュ★オレたちのハリウッド」とかってまたテキトーなサブタイトル付けちゃってます。

いただけない放題についてはずっと前にも書きましたが、このちょっと足しちゃった系だけは是非ともやめていただきたい。。。

by tomokingt | 2008-09-03 01:55