Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


Oops! I did it again (by マケイン)

ご存知の通り、現在アメリカではオバマ対マケインのし烈な選挙バトルが繰り広げられている。

この戦いが始まった時、マケインはあるインタビューでこうコメントしている。

「オバマ氏とは公正かつ建設的なディスカッションをしていきたい。」

ほほう。真摯な態度じゃないですか。

と思ったのだが、今日こんなキャンペーン広告を見た。


とりあえずこのビデオを見てほしい


えー!!??
オバマをブリトニー・スピアーズやパリス・ヒルトンになぞらえちゃった!

要するに、「オバマは人気投票だけをあてにしている、単なるセレブだ」と。
しかもセレブの中でもブリトニーやパリスという最も頭の弱い系を選んじゃった。

ウェア・イズ建設的??

すごいよね、アメリカのこういうCM。コーラ対ペプシのCMバトルも有名だけど、躊躇無くお互いをけなし合っちゃう。。。低俗もいいところ。

しかしこんなCM流しちゃって、逆にマケインのイメージダウンにならないのだろうか?
もともと下馬評ではオバマ有利なんだから、マケイン改め負け犬っぽく映っちゃうと思うんだけど。(座布団トゥワイス!)


いやーしかしこうなってくると、オバマサイドの反撃が見物だ。
ブリトニーとパリスだからねー。。。

「だいいち、肌の色が違うだろ!!」とか見当違いの反撃をしてほしいものです。

by tomokingT | 2008-07-31 12:37

バットマンを見たけど

先週末、バットマンの最新作「Dark Knight」を見てきた。

f0081992_23095.jpg


2週目だったにもかかわらず、映画館はほぼ満席。
それもそのはず。この作品、封切後3日間の興行収入で1億5534万ドル(約166億円)というとんでもない記録を打ち立てたモンスター作品なのだ。もちろんこの数字は歴代トップ。おそらく通算の業績も、歴代上位に食い込んでくるはず。

さて。
感想なんですが。

んーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー????????

ホワイ?なぜにこれがトップ?どぅーゆーとっぷ??

確かに、ヒース・レジャーのジョーカーはなかなかすごかったよ。
バットモービルもごつかった。
クリスチャン・ベールもかっちょ良かった。

でもなんだろう?期待しすぎたからか。。。なんかこう。。。。

以前も書いたとおり、映画は見る人によって感想が違うので、ここで映画の評論をするつもりは毛頭ない。

なのでこれはあくまでも僕自身の感想なんだけど。。。

まず、長い。2時間半みっちりある。なぜあそこまで引っ張る必要があるのかが分からなかった。「ダークナイト」というタイトルだけあって、全体的にくらーい雰囲気の2時間半。僕も途中で睡魔という名のダークネスにやられるところだった。

次に、助演女優のマギー・ギレンホール。なぜ彼女が選ばれましたか?
そりゃ前作のケイティ・ホームスよりは演技力あるかもしれないけど。。。
マギー・ギレンホールってどっちかっていうと、こんな顔してない?
f0081992_21336.jpg

これがレイチェル役っていうのが。。。説得力なし。

最後に、前作でもそうだったんだけど、バットマンになった時のクリスチャン・ベールのしゃべり方。正体を隠すためにわざとああいうしゃべり方をしているんだけど、ちょっとアホっぽい。途中で、スタローンのランボーみたいな口調になってくる。
ハイテクに身を包んだヒーローなんだから、声色を変える装置くらい作ればいいのに。なぜそこだけアナログな努力をされますか??

まあそれなりに楽しめたけど、前評判ほどではなかったなー。

これだったら、個人的には、Mamma Mia!のほうが面白い。(って同僚に言ったら10中9人にはひかれた。)

やっぱりヒース・レジャーの死やクリスチャン・ベールの暴行事件などの、話題性の勝利か。。。

by tomokingt | 2008-07-29 02:27

左回り、右回り、どっちに見える? (古ネタ)

僕には一方にしか見えない。。。。


何の話かって、この画像。

f0081992_3141913.gif


この女性、どっち回りで回転しているように見えますか?

結構出回っているので知っている人もいるかと思いますが、この画像、右脳人間か左脳人間かによって、回転方向が違って見えるというなんともオカルトちっくな代物。

右脳系の人は右回りに、左脳系の人には左回りに見えるらしい。

中には、どっち回りにも見ることができるツワモノもいるとか。。。


僕には、右回りにしか見えない。


すでにこの画像を1時間くらい眺めているけど、左回りには絶対に見えん。
鼻血が出そうなほど集中したけど、無理でした。

もしかして僕、脳が半分しかないんじゃ

と心配になってきたので、ブログに乗せて皆さんの意見を聞いてみることにしました。

皆さんは、どちらに見えますか?

by tomokingt | 2008-07-26 03:29

映画Mamma Mia!が好きでしたけど、何か?

先週、映画版「Mamma Mia!」を見て来た。

とっても面白かった!
単純なストーリー、美しいギリシャの海、そして元気にさせてくれる歌と踊り。
メリルストリープの捨てっぷりや、ピアーズブロスナンの音痴ぶりも最高。
女性が大群で「ダンシングクイーン」を歌うシーンには、「年を重ねるっていいな」と感動すら覚えた。

そんな、かなりお気に入りな作品だったのに。。。

評論家によるレビューがやばい
みんな言いたい放題。

有名な批評家、Eric D. Sniderはここまで言い切った。

「ここまで幼稚でばかげたストーリーはない。」

えー!!??
Mamma Mia!みたいな映画に、ストーリーをお求めになられましたか!?
ミュージカル映画に対して、「ストーリーがくだらない」と切り捨てちゃうなんて。。。

それって、「メリーポピンズ」に対して、「傘で空を飛ぶ人間がどこにいるんだ!」と場違いなツッコミを入れちゃうのに等しくないか?


別の批評家はこんなこと言ってた。
「みんなで歌を歌うシーンは、Club Medのカラオケ大会のようだ。」

だはは!ちょっと笑っちゃったけど、そこがまさにこの映画の魅力なんだと思うわけよ。
普通の人たちが、素人っぷり丸出しで、誇張されたキャラクターをど派手に演じきる。
気持ちいいじゃない。


最悪なのがRoger Ebertという評論家。
僕はABBAの音楽が嫌いだ」だって。

知るか!じゃあ見に行くなよ!

「あたし、猿顔系キライなのよねー」って奴が「猿の惑星」見に行くか??

まったく、この国の映画評論家の横暴さにはハラハラさせられる。

とにかく、僕はMamma Mia!が好きでした。
がんばれ、おばさんズ!
f0081992_23542150.jpg


by tomokingt | 2008-07-26 00:08

NYのレストラン#011 - Sushi of Gari

一昨日、NY在住のTamakingとSushi of Gariに行ってきた。
TamakingとTomokingの寿司道楽。

ここは最近やたら注目されている、創作寿司のお店。
NYに3件、東京の青山にも1件お店を出している。

今回はアッパーイーストにある本店に行ってきた。
そこで薦められたOMAKASEコースを頼むことに。

創作寿司やフュージョン寿司のお店はたくさんあるけど、ここのお寿司はかなり凝っている。店名からしてシャリの上にガリを山盛りにして出してきたらどうしようという僕の心配をよそに、ユニークなお寿司のオンパレード。

f0081992_23182990.jpg



赤身に豆腐で作ったムースソースを乗せちゃったり、
サバにプラムソースを乗せちゃったり、
サーモンに熱々のトマトソースをかけちゃったり、
ウニをほんのりバーナーで焼いちゃったり、
ソテーして味付けした熊本オイスターを軍艦巻きにしちゃったり。

これが旨い。
普通に旨い。

というか寿司ではなく、創作料理としてはとても美味しいと思う。


ただ、ソースとかの味付けがかなり濃くて主張があるので、逆に魚はなんでもいいのでは?と思ってしまう。

ちょっぴりコンビニのツナマヨおにぎりみたいな感覚。

せっかく新鮮でいい魚を使っているのに、素材の味があまり引き立たないのが残念。
そして良い素材を使っているため値段が高いだけに、なんとなくもったいない感が残ってしまう。

OMAKASEではなく、普通の正統派寿司も単品で頼めるみたいだけど、そっちのほうがよかったりして。ただおつまみのあん肝や揚げ出し豆腐は微妙だったので、正統派寿司はどうかな。。。

いやでも見た目が楽しいし、いろいろと工夫されているので、このお店に来たならば是非創作寿司を試してみることをお勧めします。

あ、それとOMAKASE頼んだ時に「フォアグラは大丈夫ですか?」と聞かれて、二人とも「大好きです」って答えたのに、結局フォアグラ寿司は出てこなかった。。。それはなしでしょう。


お店データ
住所: 402 East 78th Street (bet. 1st & York Ave), New York, NY 10021
電話: 212-517-5340
URL: http://sushiofgari.com/
一人あたり予算: 150ドル

by tomokingt | 2008-07-25 23:19 | レストランレビュー

旅する1ドル札

先日、リトルイタリーのそばのDeliで水を買ったときのこと。
お釣りで渡された1ドル札に、こんなのが紛れ込んでいた。

f0081992_10342096.jpg


「このウェブサイトにログインして、私がどこを旅してきたかを見てみてください」

だって。
あらステキ。

いわゆる「旅する1ドル札」ってやつだな??
要するにこのサイトにログインして、シリアルナンバーを入力すれば、今までにこの紙幣がどんな人の手を渡り、どんな場所を旅してきたのかが分かるという仕組みか。

いいねーなんとも夢がある感じで。
こんな特別な1ドル札が僕の手元に舞い降りてくるとは。宝くじでも当たった気分。

もしかしてハワイでサーファーがロコモコを買うのに使っちゃってたり、オハイオの小学生がレモネードを売るバイトで得た1ドル札だったり、フロリダのおばあちゃんがビンゴで優勝したけど同時に50人くらい優勝したから賞金として1ドルしかもらえなかった時の1ドルだったりするんじゃないの!?!?と、ワクワクしながらウェブサイトにアクセスしてみた。

すると。

f0081992_10545457.jpg


僕がまだ二人目の所有者だった。

ぜんぜん宝クジじゃない。
いったい何枚流通しちゃってんだ。希少価値なさそうな感じ。

しかも最初の所有者のコメントによると、「息子のズボンのポケットに入れたまま洗っちゃったのでヨレヨレです」だって。

いけてない。

アイディアはいいんだけどね。
こういうことやるなら、流通させる数を本当に少なくして、感動させてほしいよね。
若干興奮して損した。

by tomokingT | 2008-07-23 11:00

NYのレストラン#010 - Le Bernardin

14日は、僕ら夫婦の結婚記念日。
お祝いに、昨晩ミッドタウンにあるLe Bernardinというレストランに行って来た。

f0081992_23264615.jpg


ここはミシュランの3つ星レストラン。
NYでナンバー1のシーフードフレンチレストランとの呼び名も高い、前々から気になっていたお店だ。

まず内装がとてもユニーク。色調はエルメスを彷彿とさせる、オレンジを基調とした温かい感じ。
そして天井の梁や窓の障子のようなデザインが、かなり「和」の要素を取り入れている。

f0081992_23314526.jpg


まず驚いたのは、徹底したサービス。
20:30の予約で、時間通りに着いたのだが、テーブルに案内されたのは20:40。
この10分の間、バーのエリアで座って待っていたのだが、遅れて申し訳ないとメイトルディーがシャンパンをサービスしてくれた。たった10分の遅れで。NYの他のレストランではありえない。

そしてスタッフの数が半端ない。
客と同じくらいの数いるんじゃないか、というほどたくさんいる。
ソムリエだけでも4、5人いた。
スタッフ教育もきちんと施されていて、てきぱきと心地よいサービスだった。

次に驚いたのが、料理。
僕らがオーダーしたのは、8種類の料理からなるテイスティングメニュー。
8種類というと多すぎる、という印象を受けるが、全てシーフードがベースなので、食べれてしまう。

この料理がまた。
完璧。
最初のアミューズから最後のプチフールまで、かなり完成度が高い。
最高の素材が最高の技術で調理されていた。
シーフードのクセや臭みなどまったく無く、かといってソースや味付けで素材の味が殺されることもない。

そしてここでも、「最初にお席にご案内するのが遅れてしまったので。。。」
とこんな小さなデザートも追加してくれた。
f0081992_23491147.jpg


料理もサービスも、最高水準。

ただ、やっぱり値段は高すぎ。
ミシュランの3つ星というだけでここまで高くなるものか。。。
次回は宝くじが当たったときにでも来よう。

ところでこのLe Bernardin、日本の影響を受けているのは内装だけではない。
料理もまた、かなり日本の食材をたくさん使用している。
はまち、かんぱち、金目鯛など、そのまま日本語名でメニューに載っている。
やはり魚の食べ方に関しては、日本料理が一番優れているのかも。



お店データ:
住所: 155 W. 51st Street, New York, NY 10019 (between 6th & 7th Ave)
電話: 212-554-1515
URL: http://www.le-bernardin.com/
一人あたり予算: 300ドル

by tomokingT | 2008-07-14 00:09 | レストランレビュー

おかすぃ不在通知メール

今日、同じオフィスの人に用があったのでメールを送った。

するとこんな自動不在通知が返ってきた。
3行のメールだった。



xxxは7月4日から7月9日まで不在です。

xxxは7月4日の09:00から不在にしており、7月14日の午前9:00に戻ります。

メールへの返信は6月30日にいたします。




ダビンチコード??

何の謎解きだ。
全くもって意味が分かりませんが。

結局9日までいないの?14日までいないの?
で返事は過去にさかのぼる系?

どうやらLotus Notesの不在通知設定が悪さしてるみたいだけど、どこをどうやったらこんなに間違えちゃうのかは謎。

どうでもいいけど、Lotus Notesのメール機能って使いにくいよね。
Outlookにすればいいのに。

by tomokingt | 2008-07-11 05:41

世界は本当に狭い パート2

今一緒に働いているチームメイトはスペイン人。

数週間前、ユーロ2008でスペイン対ロシアの試合があった際、真昼間にもかかわらず近くのアイリッシュパブまで試合を見に行くと言い出した。

しかもオフィスの同僚にも何人か声をかけ、結果として僕も入れて10人近くもの同僚と試合を見に行くことになった。

アイリッシュパブは結構混んでいて、僕らは幾つかのテーブルに分かれて座った。
僕の隣に座ったのはオーストラリア人のBen。
最近入社したばかりの僕は、当然初対面。

でもとてもきさくないい奴で、すぐに打ち解けた。
一緒にビールを飲みながらスペインを応援した。

その後もオフィスでちょくちょくBenを見かけて、そのたびに色々雑談をした。
次回のワールドカップの最終予選で、オーストラリアと日本が同じグループに入ったこともあり、サッカー話で盛り上がった。

そして今日、驚くべき事実が発覚。

なんとこのBen、僕の中学からのマブダチで結婚式のBest Manも務めてくれたWillieのイトコだった。

どっひぇー!なんたる偶然。
そういえば以前Willieが、イトコがNYオフィスにいるって言ってたけど、まったくそのことを忘れていた。まさかBenだったとは。。。。

ううん。世界は本当に狭い。

by tomokingT | 2008-07-10 09:43

NYのレストラン#009 - Joe's Shanghai

来ました。

NYに数あるレストランの中でも、僕自身のリピート率が一番高い店。
チャイナタウンに店を構える、Joe's Shanghai。

ここは昔からかなりお気に入りの店で、Mixiでコミュニティまで作っちゃったほど。

この店はいつ来ても店の外まで行列が出来ている。
というか店の中が狭すぎて待つスペースが無いというのもあるんだけど。。。
f0081992_11124582.jpg


店に着いたらまず、必ず店内のお姉さんから整理券を受け取ること。
これを受け取らずにずっと外で待っていても、永遠に入れてくれません。
「整理券取るなんて知らなかった!」と後で文句言っても、申し訳なさそうにもしてくれません。ナイスチャイナ。

店外で待ちながら、チャイナタウンを行きかう人々を観察するのも、またおつなもの。
向かい側には「髪型工作室」なる理容室もあるので、待っている間にファンキーな中国系ヘアスタイルにしてもらうのもアリ。
f0081992_11545379.jpg


まあ回転は速い店なので、30分以上待つことはないでしょう。

で、店に入るとまずびっくりするのはその混み具合!
大半が円卓なので、ほぼ確実に相席になること間違いなし。
店員もやたら多くて、騒々しいったらありゃしない。
f0081992_11222175.jpg

この喧々とした感じが、チャイナタウンっぽくていいんだけど。

そしてこの店で有名なのが、窓の外にもネオンで表示されている、蟹肉と豚肉入りの小籠包。
f0081992_11281527.jpg

上海の南翔饅頭店本店や台北の鼎泰豊を含め、色々なところで小籠包を食べてきたけど、Joe'sを超える小籠包にはいまだに出会っていない。

皮の厚さから、大きさ、味付け、スープの量まで、完璧なバランス。
まさに職人技です。

さてこの小籠包、中身がものごっつ熱いので、不用意にかぶりつこうものなら火傷では済みません。スープの熱さで失神する可能性もあります。

そこで僕の達人技を紹介したいと思います。
これを遵守すれば、最高の味わいを経験できるでしょう。

まず箸で上手に小籠包をつかみ、レンゲに乗せます。この際小籠包を破いてしまうような不届き者は、即座に帰宅してください。ダッシュで。
f0081992_11354176.jpg


続いてレンゲに乗せたまま、写真のように小籠包の上の部分、つまり包の結んである部分を噛みとります。8ミリ四方の穴を開ける感覚で。
f0081992_11371751.jpg


この穴から、黒酢のタレを小さじ0.8杯分、小籠包の中にかけちゃってください。
この際、心の中で「ほうら」とつぶやいてください。

そしてこの穴に向かって、少しハニカミながら、ふうふうしてください。
この間約9秒。これ以上ふうふうすると、冷めすぎちゃいます。

そしておもむろに一口で食してください。
一口で食べるところが重要です。ここで半分とか噛んじゃうと、スープが漏れ出るという大惨事に至ります。そうなると取り返しがつきません。

以上を行えば、最もおいしく小籠包をいただけること、間違いありません。

時々、こんなこざかしいことしてられるかと、熱々の小籠包をふうふうもせずに一口で頬張り、涙目になりながら「はうはう」と音を立てて食べる、「男喰い」を披露している輩がいますが、それもまたマッチョでよろしいかと思います。

さてこのJoe's、小籠包以外は正直言って普通。
特にこれといった目玉料理はないので、ご了承ください。(ネギのパンケーキはおいしいけど。)
それとミッドタウンにも店舗があるけど、ここは値段が高いし味も落ちるので、避けるべし。

通によると、実はチャイナタウンの店ではなくQueensの店舗が本家本元だとか。
今度は是非そちらも試してみたいと思います。

お店データ
住所: 9 Pell St Ste 1, New York, NY10013
電話: 212-233-8888
URL: http://www.joeshanghairestaurants.com/
一人あたり予算: 10ドル

by tomokingT | 2008-07-08 11:57 | レストランレビュー