Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


IRSよ、がんばれ。

今日、アメリカ大使館で移民ビザの最終面接があった。
無事、移民ビザをゲットできそうだ。

ところで、ビザの申請のために色々と資料を揃える必要があったのだが、その中に妻が米国税歳入局(IRS)に提出している確定申告の書類があった。
妻を通して移民ビザの申請をしているので、妻の所得もチェックされるというわけだ。

しかし今は日本にいる妻。
そこでIRSにも、新宿区の実家の住所を通達してあるわけだが。。。。

確定申告の用紙に表示されていた、妻の日本の住所を見て、僕は驚愕した。

f0081992_23575057.jpg


ん??

f0081992_004334.jpg


し。。。しんぴくくー??

おっけドンマイ。お茶目に攻めちゃったわけね。

というかおそらく転記ミスなんだろうけど。。。
どう間違えたら新宿区がしんぴくくになりますか?

転記ミスにもほどがあるぞIRS!
そんなことで、脱税者を捕まえられるのかIRS!

そして、しんぴくくでも届けてくれる日本の郵便局、いいよ。いい仕事してる。

by tomokingT | 2008-02-20 00:05

世界は本当に狭い

昨日、埼玉県和光市立本町小学校の同窓会があった。
中には19年ぶりに再会した友達もいて、小学校時代の思い出話で盛り上がった。

びっくりしたのは、友達の一人が、なんと3年前にGEの同じ会社で働いていたのだ。

本当に世界は狭い。

そういえば、僕はなぜか、「世界は狭い!」と思わせる出来事に、よく直面する。
そこで今日は、イッツァスモールワールド総集編。
今までにあった、世界は本当に狭いと思わせる出来事、トップ5!


第5位:
去年、フランスINSEADにいた時のこと。生徒の中でも一番大勢いるインド人。同級生のインド人Sと、雑談していた時のこと。ひょんなことから、僕が前の会社にいたときに上海でお世話になったインド人Aについて話を始めると、Sが「ちょいまち、Aの苗字は?」と聞いてきた。けっこうありきたりな名前だったので、何も考えずに苗字を伝えると、Sが「おお!そいつ、知ってる!」と言うではないか。話を聞いてみると、確かに同一人物!上海で出会ったインド人Aと、フランスで出会ったインド人S。10億人以上いるインド人の中で、彼らが知り合いだったなんて。。。ものすごい確率に違いない。


第4位:
GEのある支社で、6ヶ月だけ働いていた時のこと。隣の席に座っていたIさんと、ひょんなことから実家の話になった。Iさんが、「うちの実家は○○市なんですよ」という。お、うちの実家と同じじゃん、と思い、「あ、うちもですよ。○○市のどこですか?」と聞くと、「△△町です」という。お!ここまで同じ?と思い。「うちも△△町なんですよ!住所は?」と聞くと、「1丁目15番の。。」というではないか。なんと、うちの実家と番地まで同じ!つまりIさんの実家は、うちの実家と同じブロック!まさか隣に座っている人が、実家までご近所さんだったなんて。。。


第3位: 
GEで働いていたとき、同じリーダーシッププログラムに入ってきたY。ひょんなことから、子供時代の話になって、彼女が僕と同じ時期にロンドンに住んでいたことが判明。当時のロンドンの日本人コミュニティはそれほど大きくなかったので、ダメもとで聞いてみた。「○○Hちゃんとか知ってる?」するとYはびっくりして、「Hちゃんはチョー仲良かったよ!」と言う。ええ?うちもHちゃんの家族とは仲良かったんだけど。。Yとはかぶってないのかな?なんて話をしていると、Yが「もしかしたら両親同士は知っているかもね」ということで、Yのお母さんに電話してみることに。「もしもしお母さん、ロンドンにいたタケバヤシさんって知ってる?」と聞くと、お母さん、「ああ、あの○○証券のタケバヤシさん?」と、僕の父親の会社名を言い当てたではないか!びっくり!!両親同士が知り合いだった!Yはなんと、幼少期に同じ場所で時間を過ごした、ある意味幼馴染(?)だったのだ。


第2位: 
1990年の冬、ニューヨークでスキーのツアーに参加した時のこと。それは地元のツアーだったのだが、偶然にもバスの通路を挟んで隣の席に、日本人の女の子が二人座った。彼女達の会話をなんとなく聞いていると、一人がこんなことを言い出した。「あーでも小学校のころとか、懐かしいなー。私、まだ小学校の校歌とか覚えてるもん。」そしてその女の子は、おもむろに小学校の校歌を歌いだした。。。。ん?なんか聞いたことがある。。こ。。これは、埼玉県和光市立本町小学校の校歌、つまり僕の小学校の校歌じゃないか!!驚いて声を掛けてみると、確かに、僕の小学校の先輩だった!日本から遊びにきて、偶然そのスキーツアーに参加していたのだ。うーん、スモールワールド。


第1位: 
大学時代のクラスメート、E。東京にあるこの大学を卒業した後、まったく連絡をとっていなかったのだが、2001年にNYに遊びに行ったところ、マンハッタンの街角でバッタリEに遭遇!でもこれだけじゃない。別の時期にNYに遊びに行った時、今度はチャイナタウンのレストランで、またEにばったり遭遇!さらに!!3回目にNYに遊びに行った時にも、なんとまたまた街角で彼女に遭遇!しかしこれだけでは終わらない。4回目は、なんと東京で!!ある朝、僕が中央線に乗って通勤していると、なんと荻窪駅から、Eが同じ車両に乗ってきた!!!彼女はまだNYに住んでいたのだが、就職活動のために3日だけ、東京に帰ってきたのだという。それが同じ時間の電車の同じ車両に乗ってくるとは。。。。ありえない奇跡。


これ以外にも、世界は狭いと思わされる出来事が、数え切れないくらいある。

日本での中学時代からの親友で、僕の結婚式のベストマンも勤めてくれたWのイトコが、今度僕が働くコンサル会社の、同じNYオフィスで働いていたり、フランスに遊びにきた前の会社の同僚が、INSEADの同級生と大学時代の友人だったり、前の会社のHRマネージャーが、高校も大学も僕の先輩だったり。。。

本当に、it's a small world!!
これから色々な経験を重ねていくと、ますますそういうことが増えるんだろうな。。。楽しみだ。

by tomokingT | 2008-02-11 14:46

我妻中国的衝撃経験

今日、妻が外を歩いていると、中国人らしい5人組に声を掛けられた。

「このちかくに、たのしいディスコはないですか?」

ディ・・・ディスコ!

ディスコってどうなの!しかも楽しいディスコ!
うろたえながら、「いえ、ちょっと知らないです」と答えた妻。

すると、その5人組、
「あー、あなた、ニホンジンじゃないですねー」

ってあなたたちが言うですか!!

たとえ日本人であったとしても、楽しいディスコは知らんと思うが。

by tomokingT | 2008-02-07 00:02

タイで結婚式

妻の友人の結婚式に参列するため、タイに行ってきた。

暑い。めちゃくちゃ暑い。

こんな看板に共感してしまうくらい、暑い。
f0081992_2254260.jpg


式自体はバンコクで行われたのだが、とても素晴らしい式だった。
洋式とタイ式の両方がエンジョイできたし、色々な面白い人にも出会えた。

さて、タイには相変わらずへんてこりんな日本語がたくさんあるわけだが、欧米人にも人気なリゾート地ということで、英語の表記も目立つ。そして当然、へんてこりんな英語もたくさん。

たとえば、スリン・ビーチのレストランで見たメニュー。
f0081992_2327119.jpg

全ての品目が英語でも表記されているのだが。。。
良く見ると全く分からない訳も。
f0081992_23273030.jpg

「エビのフライ、丸ごとのペンと若い
若いなんだ!そしてペンも複数本入れちゃった?

そして相変わらず、怪しいバッタ物が横行している。
あの電動ヒゲ剃りとかで有名な、ブラウンってあるよね?
正式なロゴが、これ。
f0081992_23324226.jpg

で、プーケットのデパートで見つけたのが、これ。
f0081992_2333174.jpg

おすぃ!かすってるよー。複数で茶色い感じで。でもこれってまずいんじゃないのー?

でもやっぱり、日本語が一番変。
空港にあったバーガーキング。
メニューが日本語に訳されているのだが。。。
f0081992_23355673.jpg

良く見ると。。。
f0081992_2345754.jpg
f0081992_23452337.jpg

エーッ!
チキン・ストリップセって。
そして何より、オニオン・リングのサイズが (ン/ス) !?
どういうサイズ!?

相変わらず、ハラハラさせられる国だった。

そういうことで、タイを満喫した今回の旅行。

結婚したカップルは、本当に人間的に素敵なカップル。ニューヨークに住んでいるので、今後も良いお付き合いができそうだ。
末永くお幸せに!

by tomokingT | 2008-02-03 23:47