Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


東アジアはみんな同じ?

昨日同級生のインド人から、こんな写真がメールで回ってきた。

かなり笑える「写真の撮り方」シリーズ。

f0081992_1472523.jpg

おっけおっけ。いいよー。グッと腰が入っていて。美しいね。

f0081992_1481556.jpg

おっとこの人の足はどうしちゃったですか?産まれたての小鹿ですか?

f0081992_150157.jpg

またえらくスタンスを広くとられましたが、ダッシュ寸前ですか?モデルの直立ぶりもナイス。彼の頭にカメラを乗せたら、立派な三脚。

f0081992_1522931.jpg

おお!これは太極拳との融合。Jack'nフェメニズムの香りもする。

f0081992_154988.jpg

丹田に気が集中しているのが分かります。ここから波動拳というコンボが基本です。


うむ。なかなかパンチの効いたフォトグラファーたち。

だが問題はこの写真ではない。

まわってきた、このメールのタイトル。

「How Japanese Take Photos」
(日本人の写真の撮り方)

ぬわーにおーぅ!?
どこをどう見ればこれが日本人なんだ!?

さっそくこのメールを送ってきたインド人に返信して、「お前は日本人と中国人の見分けもつかんのか!」と抗議したら、

「じゃあお前は、インド人とパキスタン人の見分けがつくのか!!」となぜか逆ギレされた。
まあ。。。ねぇ。(芋ごめん)

でも考えてみると、不思議。
日本人は、中国人と日本人を見分けることができる。韓国人とも大体見分けることができる。でも、この三国以外の人には、みんな同じに見えるらしい。

前にインド人の友人の結婚式でデリーに行ったときに、新郎のお母さんに「君の国の料理もあるから!」と連れられていった先に、チャイニーズビュッフェがあったときのことを思い出した。

諸外国から見ればそんなもの。
そのうちEUみたいに、東アジアの統合もあるかもしれないしね。
もうちょっとみんな、今のうちから仲良くしとこう。

by tomokingT | 2007-06-23 02:16

中国のディズニーランド?

中国北京にある、石影山遊園地をご存知だろうか?
ちょっと前に、日本のニュースでもとりあげられたようだが、僕は昨日初めてこの遊園地の存在を知った。

別名「偽ディズニーランド」。
まずはこの動画を見てもらいたい。

http://www.youtube.com/watch?v=vlG8SYfAeMY

こ。。。これはひどい。

無許可でディズニーのキャラを使った上に、全てブサイク化しちゃいました。
コピーするなら、もうちょっと丁寧にやってよね。
f0081992_164009.jpg


別のニュースでは、「これミッキーですよね?」と突っ込まれた園長さんが、
「うちのは耳の大きなネコです」と言い切ってました。
苦しい。。

パレードもどきの行進も、ほんとにやる気ない感じ。
レポーターの、このコメントにもうなづける。。。
f0081992_1629215.jpg


そしてキャラクター自ら、「撮影するなら金払え」。こんなティガー、嫌すぎます。
f0081992_1637938.jpg


極めつけは、この粗悪なドラえもん(もどき)!!
f0081992_16153912.jpg

まずディズニーでもないし。もう何でもあり。
僕も小学生のとき、こんなドラえもんを書いていた気がする。

日本の取材陣に直撃インタビューされた、遊園地の従業員が一言。
f0081992_16243766.jpg


確かに、ドラえもんはいない。

この遊園地、国営だって言うから、またすごい。。。
北京オリンピックはもう来年。
著作権侵害をなんとも思わないこの国に、果たしてオリンピックのような国際的イベントを主催させて良いのだろうか?

by tomokingT | 2007-06-20 16:53

仏の車窓から ~ シャンパーニュ編

週末を利用して、シャンパーニュ地方に繰り出した。

シャンパーニュは、フランスの北東部、パリから車で2時間くらいのところにある、言わずと知れたシャンパンの名産地だ。

(ちなみにカンパーニュはパン。シャンパーニュは地方。Yoroshk。)

17世紀、暇をもてあました修道士のドン・ペリニョンが考案した発砲性のワインが、シャンパンの始まり。

「シャンパーニュ地方で作られたものしか、シャンパンと呼んではいけない」
という決まりがあるのは、誰もが知っていることだろう。しかし今回の旅で新たに知った事実がある。それは、
「シャンパーニュ地方でもさらに、特定の製法で作られたもののみ、シャンパンと呼んでいい」ということだ。

ううん、こだわり。
それくらい、シャンパーニュの人は誇りを持って、シャンパンを造っているわけだ。
そりゃあ、アメリカの会社が「カリフォルニア・シャンパン」なるものを売り出したのに対して激怒するのも分かる。

さてこの問題の製法だが、これがすごい。

正直、僕の中でシャンパンは、ワインより「ノリの軽い飲み物」みたいなイメージだった。
ただ華やかなだけ、みたいな。白ワインに炭酸を足したものでしょ、みたいな。

ところがどっこい。実はシャンパンは、ワイン以上に手間隙のかかる、大変な飲み物だったのだ。

何が大変かというのは、めんどくさいので説明しないけど。

まぁとりあえず、シャンパーニュ地方について知っておかなければならない点。
1.シャンパンのほとんどは、EpernayとReimsの二つの街の間で作られている。
2.この二つの街をつないで走る街道が、「シャンパン街道」と呼ばれ、無数のシャンパン酒蔵が点在する。丘陵の斜面には、延々と続くブドウ畑が。
3.このシャンパン街道の地下に、100km以上におよぶワインセラーがあり、そこでは何百万本というシャンパンが熟成されている。

この3.の点が、ほんとにすごいんです。

いくつかのセラーは、見学可能。
とりあえず抑えとかなきゃ、ということでMoet & Chandonのセラー見学に。

いやぁ、すごかった。
湿度90%、10℃に冷えた超巨大なセラーは圧巻!
f0081992_4182484.jpg

写真左に見える、蜂の巣状のもの、全てシャンパンボトル。この一つの部屋だけで、何億円相当のシャンパンが眠っているのだ!
シャンパン街道が、「世界で一番高価な街道」と言われるも納得。

セラー見学の後は、当然試飲タイム。
f0081992_427575.jpg


Moetのバブリーさを存分に堪能。
ついでにドンペリニョン卿とツーショットまでとっときました。
f0081992_430518.jpg


シャンパーニュ地方には、シャンパン以外にも魅力が満載。
中世の町並みが残るTroyesには、こんな中世チックな住人も。
f0081992_4364380.jpg


そして、こんな素敵なシャンパーニュ地方でも、やっぱり見つけてしまいました。笑える奴らを。

まずはTroyesの街にあった、ファストフード屋さん。
f0081992_4403875.jpg

なんとも手作り感あふれる、このブサイクなヒーロー。おなかの赤丸も、中途半端でいい感じ。腰にさした、そのビミョーな刀で何をするかというと。。。
f0081992_4425733.jpg

逃走する肉の塊に、笑顔で切り付けていました。
なんとも残酷かつ曖昧な描画力と、「ファストフード」と「足の速い肉」をかけてしまった強引さに、3,000点。

続いてEpernayで入ったシャンパン屋さん。無数のボトルが立ち並ぶ中、なにやら怪しいボトルが。
f0081992_4502589.jpg

よーく近づいてみてみると、
f0081992_4521253.jpg

製造年を改ざんしちゃった!
それにしても、もっときれいにやってよね。

最後に、Reimsの日本食屋さん。
f0081992_454450.jpg

出ました。ドソ物。丼物ね。
これはもう、お約束。外国人には「ン」と「ソ」の違いが分からないみたい。
一発で、日本人経営でないことがバレてしまいました。

そんなこんなで、シャンパーニュな週末を楽しんだ。

今学期も残りわずか。そろそろ、勉強しなければ。

by tomokingT | 2007-06-20 05:00

IT業界も日本語が岡C

最近、ラップトップのハードドライブがいっぱいになってきたので、新しく外付けのポータブルハードドライブを購入した。

技術の進歩ってすごいものです。
f0081992_18591744.jpg

写真の上が、以前に購入したWD社のドライブ。容量は40GBだった。
下が、今回購入した、同じくWD社のドライブ。ふたまわりくらい小さく薄くなったが、容量は3倍の120GB!
しかも黒色になって、渋みも増した。

進化したのは容量とルックスだけではない。

この新しいドライブ、PCにつなぐだけで簡単にインストールして使用できるのだが、そのインストール手順が多数の言語で表示可能なのだ。以前は英語のみだった。

日本語もあったので、これはすごいと日本語表示を選択。

おぉ。。。なかなかちゃんとした日本語だ。

ん?

f0081992_1914080.jpg

f0081992_1922100.jpg

でったー!!

「デモを見るためにここにかちりと鳴らしなさい」!!

かちりという音がとってもナイス。
英語で見ると、「click here」。ここをクリックしてください、でいいのにね。

WD社、技術は優れているけど、言語のほうはイマイチのようだ。。。

by tomokingT | 2007-06-11 19:11

ビクトリアの秘密

以前このBlogで、さっちんとミナがタイで発見した怪しいマネキンを紹介した。
あのパンツの前に網タイツをはいちゃったマネキン。

おそらくタイでしかあり得ない、と思っていたのだが、先日NYに行ってきたEri特派員から、驚くべき写真が送られてきた。

f0081992_19501467.jpg


なんと!NYでもこの怪現象が目撃されたのだ!

しかもこのマネキン、Victoria's Secretという、かの有名な下着ブランドのお店のもの。

昔から、Victoria's Secretって一体何が「Secret(秘密)」なんだろうと思っていたが、こんな秘密だったとは。

この忍者ルック、今後しばらく流行りそうだ。

by tomokingT | 2007-06-08 19:50

モロッコ料理と「濃い」面子

昨晩はモロッコ人の友人宅に招待され、モロッコ家庭料理をごちそうになった。
モロッコ料理と言えば「クスクス」ぐらいしか食べたことがなかったが、その他の料理もどれも美味で、楽しめた。
f0081992_19103166.jpg


料理も良かったのだが、何がおもしろかったって、ディナーに呼ばれたゲストの面子。

f0081992_19141064.jpg

左から、
日本人(Me)
イスラエル人
インド人
モロッコ人夫婦
エジプト人
そしてカメラの後ろにはアルジェリア人(身長2M)

なんとも「濃い」面子。

こんな機会もあまりないだろう、と、普段は聞けないようなことをたくさん聞いてみた。

イスラエル人には中東の情勢について、
インド人にはカースト制度と結婚における占星術の役割について、
モロッコ人夫婦にはモロッコはアフリカと中東のどっちに帰属したいのかを、
エジプト人にはピラミッドの謎について、
そしてアルジェリア人にはイスラム原理主義政権ってどうなの、と。

ひじょーに勉強になった。

モロッコ人とアルジェリア人が話す、「ベルベル語」という言語も初めて聞いたし。。

さらに、ユダヤ教とキリスト教とイスラム教とヒンズー教の共通点と相違点に関して論議が始まったり、イスラム教の「一夫多妻制」の解釈について議論したり。。。

んー。おなかいっぱい。

前にも書いたが、INSEADの最大の魅力のひとつは、この人種・国籍の多種多様なところ。
クラスよりも、同級生から習うことがたくさん。
残り半年。思い残すことがないように、存分に異文化コミュニケーションをはかりたいと思います。

by tomokingT | 2007-06-08 19:39

ロボット産業の今後が気になる

INSEADの選択科目の一つで、ベンチャー企業の立ち上げやスクリーニングについて教えるクラスがある。その授業の一環として、実在するベンチャー企業を分析しなければいけない。

僕らのチームは、人工知能(AI)のソフトウェアを開発している企業を見ることになった。あのSONYの「AIBO」などにも使われた、AIのプラットフォームを開発している企業だ。ロボット産業は今、大きな飛躍のときを迎えているようだ。

ロボットといえば昨日、日本の「独立行政人科学技術振興機構」の研究グループが開発した、「子供型ロボット」のニュースを見た。

その記事によると、そのロボットの名前は「CB2」。
「高感度の触覚センサーをつないだ人工皮膚や多数の関節を使い、人間に近いしなやかな動きを実現した子ども型ロボット。カメラ(視覚)、マイク(聴覚)や人工声帯も内蔵している。」
ということらしい。

その写真がこちら。


f0081992_459499.jpg

キモイ。
こんな子供、嫌すぎる。なんかデカイし。

さらにその記事にはこんな説明も。
「肩をたたくと驚いたようにまばたきして動きを止め、視線を動かして振り向く。おもちゃを目の前でかざすと、これを取ろうとして一生懸命寝返りを試みる様子も。のどには人工声帯もついており、時折「あー、あー」と声も出す。」

こわい。

想像しただけで怖い。
なぜ「あー、あー」なのか??

そして極めつけは、「腰をひねり手足を使って「寝返り」を試みるCB2」と題する写真も載っていた。

f0081992_552796.jpg

ますますキモイ。

なんかクニャクニャした感じが、とってもキモイ。

なんでこんなブサイクでキモイものを作ってしまったのか。。。。その記事には、この子供型ロボットの用途としてこんなことが書かれていた。

「ロボットが学習する様子は、人間の発達を理解する手助けになる。今後、CB2を使って赤ちゃんの発達過程を調べるという。」

赤ちゃんの発達過程を調べたかったら、赤ちゃんを調べたらいいと思います。

人型ロボット、まだこれからって感じですね。
「一家に一台ドラえもん」の時代はいつ到来するんだろう。

by tomokingT | 2007-06-03 05:05

和食と船上パーティ

今僕が住んでいるフォンテヌブローには、和食のレストランがない。
まあ、一軒だけあるんだけどね。。「Villa Tokyo」という怪しい名前のお店が。
多分中国人経営。旧正月の際には外に赤いチョウチンとか吊るしてたし。。
おそらく、まずいと思われる。

ということで、パリまで和食を食べに行った。
友達のれいなとまなと。

やっぱり和食はいいね。
揚げ出し豆腐とか、鳥唐とか。最高。
しめに「カツカレー」食べちゃったもんね。僕ご満悦ー。

昔は別に、和食が恋しくなることもそんなになかったんだけど、最近はやたらと食べたくなる。これも年のせいか??

食事のあと、セーヌ河に浮かぶボートでのパーティに参加。
実はこのパーティ、INSEAD在校の中国人軍団が主催。

INSEADでは、「National Week」と題して、月に1、2度、色々な国の文化を広めるための週間がある。たとえば今年は既に、英国とアイルランドが協力したBritish Irish Week、南米諸国主催のLatin America Week、スペインとポルトガル主催のIberian Weekなどがあった。それぞれ、ディナーを企画したり、調度品のバザーを開催したりと、色々な企画を通して各国の文化を紹介するのだ。

先週は、中国、台湾、シンガポール、タイが主催の「Dragon Week」。その締めくくりが、パリでの船上パーティだったわけ。テーマは「1930年代の上海」。

「船上パーティ」とは言っても、船は固定されているので動かないんだけどね。
それでも、デッキからの景色は良かったし、内部は完全にクラブのような内装で、それなりに面白かった。
f0081992_4291975.jpg


いやぁしかし、INSEADの連中は良く遊ぶ!
National Week以外にも、毎週末のようにどこかで必ず何かパーティがある。
みんな、朝方まで騒いでるんだよね。すごいパワーだ。
それでいて、みんなしっかり勉強もするんだよね。えらいというかなんというか。。
まさにwork hard, play hard。

来学期には、なにやら「Japan Korea Week」というのがあるらしい。
僕もプランニングに参加しなければならない。。。
日本の文化を知ってもらうために、何をしよう?
いいアイディア、募集中!

by tomokingT | 2007-06-03 04:38

フランスでマックを食すということ

今日、なぜかムショーにマックシェイクが飲みたくなった。
そんな年頃。

なので、隣町にあるマクドナルドに行った。
雨が降っていたので、ドライブスルーに入ったはいいものの、そこで「ハッ」と気づいてしまった。

注文、フランス語じゃん?

カウンターなら、身振り手振り、写真を指差しながらなんとか通じるものの、ドライブスルーの場合はそうもいかない。相手はマイクですもの。

緊張しながら、カタコトの仏語で勝負に挑んだ。

「ウン メニュ ドゥ・ロイヤルチーズ、アヴェック フリッ、コカライ、エ ミルクシェイク」

(和訳:「チーズバーガーのセットで。ポテトとダイエットコーラで。それと、ミルクシェイク」)

うーん、我ながら、完璧

途中、マイクの向うの人が色々質問してきたけど、それも適当に「ウイ、ウイ」と、巧みなフットステップでかわした。そしてお金を支払い、袋を受け取り、マックを後にした。

やった。勝った

僕もやればできるじゃん。
ある意味、天才?と喜び勇んで帰宅。

部屋について、マックの袋を開けた時、僕は愕然とした。

f0081992_4482942.jpg


チーズバーガーよーし、ポテトよーし、ダイエットコーラよーし、ミルクシェークよーし。。。。ん?

f0081992_4545071.jpg


ち。。。チキン ミテヒィック?

頼んだ覚えもないし、聞いたこともない。
謎。謎だ。。。。まさにMythic(神話)。

だって、チキンの「チ」の字も発音してないし。
ハッ!なんか色々質問されたけど、そのときにたくみに売りつけられたのか!?
いや、いくらなんでも「チキン」という言葉は聞いたら分かるはずだし。。。

む?あれだな?
カタコトなフランス語でがんばる、シャイなジャパニーズボーイに恋をした店員が、サービスしてくれたんだな?
どれどれ、レシートを見てると。。。

うん、しっかり加算されてました。

そういえばなんか高いと思ったんだよな。。。勝利の美酒に酔いしれ、気が回らなかった。。

ちなみに、コーラもダイエットではありませんでした。

ううう、こんなにマック食べたら、カロリー過多だよ。
こうなったら、「マックのせいで肥満になりました」って訴えてやる!フランス語で。

by tomokingT | 2007-06-01 05:10