Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ナポレオンと夏の宴

昨晩はINSEADの夏の風物詩、「Summer Ball」、つまり「夏の宴」が開催された。
まだあんまり夏じゃないんですけど、という当然なツッコミはあるものの、この宴は1年のうちでも、最も大きなイベントの一つで、在校生のみならず卒業生も参加する大きなパーティだ。

「宴」という名にふさわしく、パーティ会場はなんとフォンテヌブローのシャトー(古城)!
f0081992_23464533.jpg


このシャトーは、16世紀にフランソワ1世が建てた、荘厳な宮殿。
あの皇帝ナポレオンはこの宮殿を愛し、長期間滞在した。エルバ島へ流刑になったときも、旅だったのはこの宮殿からだったらしい。

そんな素晴らしいシャトーでのパーティは、当然ブラックタイ。
男性はタキシード、女性はイブニングドレスが基本のドレスコードだ。

シャトー。。。ブラックタイ。。。。どんなフォーマルなパーティ???
僕もいよいよ、フランス社交界デビュー!?
シャンデリアの下で、タンゴとかワルツとか踊っちゃうよ!?

と、ドキドキしながら、夜10時にシャトーへ。

大きな門をくぐると、真正面には美しくライトアップされたシャトーが。
f0081992_041088.jpg

近づくにつれ、期待が膨らむ。
f0081992_045261.jpg



そしていよいよ会場入り。

ナポレオンも歩いたであろう、広い応接間には、優雅に踊る紳士淑女の姿が。。。









f0081992_23582375.jpg
なーい。

サンバかっっ!!!
しかもちゃっかり写真撮っちゃった。

ブラジル太鼓隊まで出現。カポエラのショーまで飛び出した。
f0081992_01364.jpg

南米か!
ナポレオンはサンバしなかったと思うよ?


優雅なパーティのイメージが音をたてて崩れ始めたとき、友人が「奥にもう一つ部屋があるよ。すごくキレイな部屋だよ」と教えてくれた。

おぉ!そこでしたか。僕の求めるエレガントなパーティは。
早速その部屋に向かった。

f0081992_0165549.jpg


おー!確かに荘厳な感じの部屋だ。

がしかし。
部屋の奥に目をやると、ストリングカルテットではなく、エレキギターを持ったライブバンドが。。。。そして演奏する曲はロッケンロール!!

WHY???

ナポレオンはロック魂を有してはなかったと思うよ?

あげくの果てには、DJがハウスを回しだし、シャトーがクラブになっちゃった。

せっかくシャトーを借り切っての「夏の宴」なのに、リオのカーニバルやロックコンサートやレイブみたいにしなくてもいいのに。。。

まぁ、みんなタキシードとかドレスとか来て、いつもと違った感じで楽しかったけどさ。
ちょっと物足りなさが残る、そんな夏の宴でした。

by tomokingT | 2007-05-28 00:36

どこまでー!? 日本のウェディング

7月14日に挙式を控え、只今準備に奔走中。。。。とは言っても、海外にいることを言い訳に、フィアンセにほぼ全て任せている状態ですが。(感謝!)

しっかし日本のブライダルコーディネータやレストラン、ほんといけてない。

何がいけてないって、こっちの要望を全く理解してくれない。
理解してくれないというより、あまりにも型にはまったウェディングばかりを、マニュアル通りにこなしてきたため、こちらの思い浮かべる挙式やパーティを、イメージできないんだと思う。

僕らが式を予定しているレストランにも、苦労させらた。。。。

たとえば、結婚式・披露宴の後に行う、イブニングパーティ。
僕らとしては、あくまでも披露宴の続きというか、人数の関係で式自体にお呼びできなかった方々をお呼びして僕らの結婚を祝福していただこう、というフォーマルなパーティをイメージしているのだが、これが分かってもらえない。僕やフィアンセが何回説明しても、イマイチ反応が鈍い。

彼らの頭の中は、「二次会」というイメージでいっぱい。
もっと飲めや騒げやという感じの、「飲み会」を連想しちゃってる。

その証拠に、こんなこと聞かれました。
「ゲームとかはやらないんですか?」

げーいむ??
何、ゲームって。ビンゴとか?山手線ゲーム?ねるとん(古)?
やらないです。

こんなことも言われました。

「二次会のメニューはビュッフェになりますが、メニューの内容は数日前まで分かりません。」

分かりません?
何が出るかな、何が出るかな、っておい。
分からないっていうことが分からない。
そんなことがあってたまるか、と、担当者に長い抗議のEメールを書いた。

「僕らが想定しているパーティは、二次会のようなものとは全く異なります。披露宴の延長として、もっとフォーマルなパーティを予定しています。この大前提をまずご理解ください。このため、料理についても、いきなり「フライドポテト」や「唐揚」とかが出てくるとムードが壊れるので、内容についてお尋ねした次第です。ですので「当日までメニューの内容が分からない」というのは、こちらとしては理解いたしかねます。」

ここまで書いて、やっとなんとか分かってもらえたようで、メニューを考えて、送ってくれるという。

そして数日後、メニューが届いた。

いやびっくり。

いきなりメニューの一番上に、こう書いてありました。

「二次会 メニュー」

思わず「うわっ!」と叫びました。
だから二次会じゃないっちゅうの!!
次にびっくりしたのが、メニューの内容。こんな料理がのってました。

コンビーフのブルスケッタ」
ミートボールとリングイッサソーセージの甘酢餡かけ」

こここここんびーふ!!!!みぃとぼぅる!!!!
嫌がらせ?嫌がらせでしょ?

仕方ないのでまた長い抗議のEメールを書きました。

「○○さんは、披露宴のメニューでコンビーフやミートボールやソーセージをごらんになったことがおありですか?これらはフライドポテトや唐揚と並ぶ、いわゆる「二次会」フードに思えてしかたありません。。。。尚、金輪際「二次会」という表現を一切使わないでいただけますか?」

こちらの抗議にあたふたしだした担当者。
様子のおかしいこんな提案までしてきた。

「本店から、お肉をカットするのが上手なブラジル人を連れてきて、お肉をカットするデモンストレーションをさせましょうか?

是非させないでください。
どんな結婚披露パーティでブラジル人の肉おろしショーを開催しちゃうんだ。

いやほんと、ここまで想像力のない人たちは初めて。
本当にキレイなセッティングのレストランなのに、もったいない。

でも辛抱強いフィアンセの努力の甲斐もあって、なんとかまとまってきた。
ようやく、イメージに近い式が挙げられそうだ。。。。

by tomokingT | 2007-05-25 04:43

続・タイ製品にやられた

以前ブログで、Willieから投稿のあったタイのオモシロ製品を紹介したことがあった。

(当該記事はこちら参照)

今回はその続編とも言える、さっちんとミナからの投稿。GWでタイに行った際に、見つけてきてくれました。

まずは、タイの十八番とも言える「海苔」系商品。
以前もきざみのりを、「ものみり」というダブルに間違った商品名で売っていたタイの方々ですが、今回もやらかしてくれました。

f0081992_334196.jpg


のりまかりかり!!
なんともテンポの良い、グルーヴィーな名前。ヒッポップ魂を感じます。
そして商品説明の一文。「ひつくおよきり」
あ~、ハイハイハイ、なるほど。ひつくおよきりね~ ってワーッツ!?
ひつく。。。ひっつく?およきり。。。おにぎり?ひっつくおにぎり?MAZ SO-!!
さっちんの解釈は、「ひつく=きつく」。 きつくおにぎり?確かにキツイ。

だいたい、タイの海苔製品への入れ込みようは、一体何なんだろう。ほんと、様子がおかしい。

続いてミナが見つけたという、このマネキン。

f0081992_3293958.jpg

明らかに不恰好なのはさておき、何がおかしいってここがおかしい!

f0081992_3302317.jpg

パンツはく前に網タイツ。
pantu hak mae ni ami taaait'
はいちゃいましたかぁ。。。パンツはくまえに。これはしまった。
まあタイでは、これが忍者の標準装備なのかもしれないけどね。
どちらにしろ、これは女性ならではの発見。見事です。

最後に、さすがのタイでも、ドラえもんばかりは正しかったよ、という心温まる証拠写真も送ってくれました。
f0081992_0543558.jpg


確かに、普通に見える。


が。


東南アジアでは、おかしいのはドラえもんの「絵」ではないのです。

おかしいのは、そう、名前。

f0081992_0561031.jpg

奴隷もん。
あまりにも酷な扱い。アパルタイト廃止まで、まっしぐらにがんばってほしいものです。

ドラえもんはまだいい。
もっと様子がおかしいのは忍者ハットリ君。

f0081992_0585581.jpg

HACTORY。
何、工場?工場生産?それとも勝利?何に勝利した?
その遠くを見る目に、何を映すのハクトリー?

東南アジアのハットリ君は、網タイツの上にパンツをはいているに違いない。

さっちん、投稿ありがとう!
かなり楽しませてもらいました。
皆さんも、世界各地で怪しいもの見つけたら、どしどし送ってくださいね!んがんぐ。

by tomokingT | 2007-05-16 01:07

ブダとペストとトリッキーな日々

INSEADの2学期目も無事終了。
既にMBAの40%が終わったことになる。早いもんだ。

学期間の休みを利用して、ハンガリーにやって来た。通算31カ国目となるこの国の首都はブダペスト。欧州とアジアの文化が融合した、ユニークな街だ。
f0081992_8342820.jpg

ブダペストは、有名なドナウ河を境に西側のブッダと東側のペストに分かれている。
仏と感染症?
Jack'n微妙なネーミング。

今回は同じINSEADに通うカナダ人とレバノン人も来てたので、奴らと一緒に観光をした。レバノン人の彼、とってもいい奴なのだが、使う「たとえ」が理解不能。
あるレストランに入ったときのこと、サービスがとても遅く、イラついた彼が一言。

「ホント、サービス悪いなここは。
イランのレストランでさえ、もっとサービスがいいよ。

。。。?笑うところ?全く意味が分からない。

さてこのブダペスト。ローマ帝国からハンガリー王国、そしてオスマン帝国からハンガリー帝国と、激しい歴史を持つ都市なので、まー歴史的建造物やら世界遺産に認定されている橋とかあるんだけど。。。。
そのほかに得にやることないんだよね。ぶっちゃけ。
まあ前の会社で一緒だったYukiやTaraにも会えたので良かったんだけどさ。

やること探して街をプラプラしていると、ある銀行の前に大きな人だかりが。
テレビカメラや報道陣もたくさん。何があったのか聞いてみると、なんと銀行強盗が人質をとって立てこもったらしい。結局警察が突入し、犯人は射殺されたという。治安の良いブダペストでは珍しい大事件だったそうだ。
それを見ていたレバノン人の彼がまた一言。

「白昼堂々と強盗に入るなんて、アホな奴だな。
俺のばあちゃんでもやらないよ。

。。。相変わらず意味不明。

こんな大きな事件は本当にまれなことらしいが、ブダペストにはちょっと残念なことがひとつ。いたるところに、観光客を騙そうとするトリッキーな輩がいるのだ。
たとえばタクシー。路上でタクシーを拾おうものなら、必ず高い料金を取られる。メーターをいじって、通常の3倍以上の値段を騙し取ろうとするのだ。なのでタクシーに乗りたい場合は、信頼のおけるタクシー会社に電話して呼ばなければならない。
このほかにもいかがわしいガイドや呼び込みのいる怪しいバーもたくさん。
そうそう、こんな店もありました。
f0081992_836333.jpg
MIJU!!
おっすぃー!かすってる!
そう、明らかにMUJI(無印良品)のパクリ。フォントまで同じ。
このトリッキーさには、さすがに騙されかけたよ。

この街ではレストランまでトリッキー。
ある晩、レバノン人が和食が食べたいというので、偶然見つけた回転寿司のレストランに入った。「WASABI」というAli Kitalyな名前の店だったのだが、席についてみてびっくり。
回転寿司なのに、回ってくるのはこんな料理ばかり。
f0081992_8391835.jpg
剥かれた枝豆(乾燥気味)
f0081992_8415619.jpg
ライチ(絶対缶詰)
f0081992_8442192.jpg
ちょこバナナ(縦)
f0081992_8463654.jpg
えたいの知れないフライ(えたいの知れないソース付き)
f0081992_8514556.jpg
キムチ(本格的)

ま。。。。マジか。。
このままぜんぜん寿司が回ってこないのでは。。。??

と思ったその瞬間、なにやら寿司らしき物体が遠くから回ってくるのが見えた。
遂にきたか。。。!

f0081992_8552954.jpg


。。。

あ。。
油揚げ?
油揚げをシャリに乗せちゃった?

とことんトリッキーな。。。

お、もう一個来た!!今度こそ!!

f0081992_8583542.jpg


。。。

の。。
のり?
どぅーゆーのり?
シャリの上にのりの上にマヨネーズ?

イランの寿司屋でも、ここまでやらないよ。

本当にブダペストは手強かった。。
皆さんもブダペスト観光の際には、十分気合を入れて、騙されないように。

by tomokingT | 2007-05-08 09:09