Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


やってやったよ。スペイン語の奴にね。

さんざんバカにしていたスペイン語教本。
というかある意味バカにされていた感すらあった、あの本。

実はすごい本かもしれない。

前述の通り、INSEADでは、入学するために2ヶ国語が必要で、卒業するためにはさらに3つ目の言語が必要、というマニアックなきまりがある。

で、欧州の人間などは、大体3つ目の言語を既に持っているので、入学してすぐに「第3言語免除試験」なるものを受ける。このテストに受かりさえすれば、それで条件クリアとなり、言語に関しては卒業資格を得ることができるのだ。

僕も先週、スペイン語の免除試験にダメもとでチャレンジした。
万が一受かってしまえば、毎学期追加で高い授業料を払わなくて済むし、MBAの勉強に加えてスペイン語の勉強もしなければならないという煩わしさから解放されるからだ。


結果は。。。。


。。。。


かーいほーう!!!!
あい・あむ・かいほー!!!!

そう、奇跡的にもこの免除試験に受かってしまったのです。

鳥取砂丘万歳!
「うんざりだ」五段活用万歳!!


ブログのネタにしかならないと思っていたあの本。。。まさかサブリミナルに、かつスパイラルに、僕の大脳辺緑系に入り込み、海馬をこっそりと刺激していたとは。。。。恐るべし。

さあ書くよ!僕は書くよ!
履歴書に、「スペイン語できます(ハート)」って書くよ!

でも実際にできるかって聞かれたら、ハニカミながらごまかすけどね。

まあ、あとはスペイン人のチームメイトを練習台に、会話の上達を図るとするか。

それと、せっかくフランスにいることだし、フランス語もちょっと勉強しようかな。

ふふふ。もうあるんだよね。。。
フランス語教本!持ってきたんだよね!

どんなパンチの効いた例文が出てくるのか、楽しみだ。

by tomokingT | 2007-01-26 07:32

文武両道を試みる

ちょっぴりバケーション的感覚でMBAに来ている僕なわけですが、せっかく時間もできたことだし、たるみきったこの肉体をどうにかしなければと、思い切ってINSEADサッカー部に入部。昨晩は初の練習だった。

学校の隣に、ナイター設備の整った、立派なグラウンドがある。そこに、19:45に集合。集合するや否や、部員紹介とかもないまま、いきなり練習試合をすることに。

うぉーまっぷなしかよ!っとツッこむ暇もなく、適当にチーム分けし、キックオフ。

前半10分、奇跡が起こったのです。

相手PKエリアの外でボールをゲッチュした僕は、左右に開いた味方にパスを出すと見せかけ、強引にタイガーシュート(別名へなちょこシュート)を放った。
手前に出てきていたキーパーの頭上を越えたボールは、ナチュラルかつミネラルに変化しながら、ゴールに吸い込まれた。
ゴーーーーーーール!!!!
f0081992_2564012.jpg

湧き上がる8万人の観衆!
スタジアムを包み込む、発炎筒の赤い煙!

両チームで唯一のアジア人が、見事に先制点をあげたのだった。

で、僕の活躍はここまで。
5年以上本格的に動かしていない体は、ハーフタイムを待たずにヘトヘト。
f0081992_2534291.jpg


それに比べ、他の連中は良く動く!
ブラジル人のチームメイト、ちっこいくせに、フィールドを縦横無尽に駆け巡る。
南米か!!
って南米だけどさ。
そしてヨーロッパ人も負けていない。
イタリア人軍団は、声もでかけりゃリアクションもでかい。

結局うちのチームが4対0で快勝。
試合が終わったのは、夜10時。。。遅っつ!

次の練習は土曜日。。。。それまでに筋肉痛が回復しているかどうかが問題だ。
f0081992_3192.jpg


by tomokingT | 2007-01-18 03:01

中東ってどうよ

ナカヒガシじゃないのよ。「ちゅうとう」ね。Middle Eastってやつ。

INSEADに来て、はやくも2週間が経過。

昨晩、色々と考えさせられる、ある事件が起こった。

ひょんなことから、中東グループの同級生達と、ディナーをすることになった。
2人のイスラエル人と、6人のレバノン人。
レバノン人の中には、1人、パレスチナ系レバノン人もいた。

「うお!なんて微妙なグループ!」
とドキドキする僕をよそに、淡々とディナーは進む。

デザートに差し掛かったあたりで、中東の情勢が話題に上った。

するとどうでしょう。 (なかなか言わない)

ものすごい熱のこもった議論が始まるじゃないですか。
それぞれが、自分の思うこと、感じたことを、率直に語りあっている。
一人一人、歴史の解釈の仕方や、情報の質・量は違うながらも、
国のあり方、他国の関与の良し悪し等について、お互いに意見を激しくぶつけ合っている。

もう、僕の入る余地なんて一切なし。

白熱した議論は3時間以上続いた。
その間、僕はあることを考えていた。

「こういう光景って、日本ではあまりないな。」と。
国が裕福だからだろうか?戦後60年経って、平和ボケしているからだろうか?
若者の間で、政治や世界情勢が熱く語られるなんて、めったにない。

渋谷のコギャル(もういないのか?)が、靖国問題について熱く語っている光景は、想像できない。

圧倒的な知識不足と、「意見不足」のため、僕は彼らの議論にはついていけなかった。
僕よりも若い連中が、真剣なまなざしで、過去、現在、未来について、トリロジーちっくに語りあっている。
ヨーロッパの人間ならば、もうちょっとついていけたのだろうか?
ちょっと恥ずかしさすら覚えた。

INSEADの価値のひとつは、こういう多彩な人種や背景の人間と接することにより得られる、国際意識だという。それを、痛いほど強く感じたディナーだった。ううん、もうちょっと世界に眼を向けなければ。。。。

しっかし、2人のイスラエル人と、6人のレバノン人と、僕、ってどうよ!?
おっかしいでしょ、このコンボは。

by tomokingT | 2007-01-17 01:27

フランスの感想

パンがうまい。

ユーロが高い。

以上。



うむ。最近どうもブログが手抜きでいかん。

1月5日に、フランス入りした。いつ来てもヨーロッパは遠い。
マイルを使ってお得に来ようとしたばかりに、ウィーン経由というマニアックなルートでパリ入り。

その日の夜は、パリに遊びに来ている友人のSayakoに、なにやらかっちょいいデザイナーズ系のレストランに連れて行ってもらった。現地入り初の食事は、お約束のフォアグラ。でもさすがデザイナーズ。フォアグラのポワレに、なにやら怪しいスープを注ぐんだよね。スイミング・いーんざ・フォアグラ。多分普通に食ったほうがうまい。
が、素敵な空間を堪能した。Sayakoありがとう。

翌日の6日に、車でCDGからFontainebleauへと下った。
これがこの先1年間お世話になる、Citorenのディーゼル車。命名ガンダム号2世。
f0081992_1575263.jpg

初めてのフランスでの運転だったが、特に問題もなく、反対車線を走っちゃったのは2回くらいで、無事にFontainebleauに着いた。

ここが、これから僕が住み、学校に通う街だ。
テンションあがってきた。

この街は以前に友人のKenjiを尋ねて来て以来、2回目だが、やはり良い。
小洒落たヨーロッパの田舎街という感じ。
でも結構住みやすく、スーパーや飲食店はたくさんある。
なんともいい感じのショコラティエやパティセリーもある。
この街の良さは、いずれまたBlogで紹介しようと思う。

車で15分行ったところには東京ドーム何個分だろうというくらい巨大なCarrefour入りモールがあり、何でも揃う。

で、ここがアパート。
f0081992_2111626.jpg

f0081992_2121678.jpg

Kenjiが住んでいたところをそのまま借りたのだが、値段の割りにきれいだし、使い勝手もいい。なにより、車で近所を回遊してみて、改めてロケーションの良さを痛感。いやーKenji、ほんと助かった。ありがとう。

明日からいよいよ、学校が始まる。
どんな変な人たちに出会い、どんな新しいことを習うのか、ひじょーに楽しみ。

by tomokingT | 2007-01-09 02:18

まったりんぐin the正月

この場合、定冠詞がポイントになります。

ってな感じで、正月は実家でグターっと過ごしてしまった。
荷物の整理をしながら、すっかりさぼっていたスペイン語の勉強をしたりして。

しっかしこのスペイン語教本、相変わらず様子がおかしい。
前もブログで紹介したけど、例文がマニアックでよろしい。

「いつまで~しなければならない」という文法の例文で、こんなの出た。

Hasta cuando ustedes que callar? あなた達はいつまで黙っていなければならないのですか?
Para siempre. 永遠に。

おっけー何があったのマイコー?
どんな罰ゲームだい?

あとは、「知っている・行ったことがある」という文法の例文では、こんな感じ。

Conoces el desierto de Sahara? サハラ砂漠に行ったことがあります?
Que va! Tampoco conozco las dunas de Tottori. とんでもない!鳥取砂丘だって行ったことがありません。

ほほう。ウィット効かせちゃいましたか。
どこのスペイン人が鳥取砂丘を知ってるんだ。

極めつけは、「うんざりだ!」という表現の、バリエーション。

Que lio! うんざりだ!
Vaya lio! うんざりだ!
Que lata! うんざりだ!
Que rollo! うんざりだ!

ってこっちがうんざりだよ。
いいよ、別に4通りも教えてくれなくて。
こんなに使い分けるくらいうんざりしろと申しますか?

まーそんなこんなで、だらだら勉強しながらごろごろしてた、そんな正月だった。

で、今日は友達が10人も集まって、明後日フランスに旅立つ僕のために、壮行会をしてくれた。西麻布で飲み食いし、いつもどおりの面子で楽しいひと時を過ごした。

いつも他愛のない話ばかりしてる連中だけど、彼らはほんとに、僕の一番の資産。
これから先も、一緒に年とっていくのが楽しみな、「愉快な仲間たち」だ。

みんな、フランスにも遊びにきてよね。

by tomokingT | 2007-01-04 03:04

台湾満腹的旅行

12月26日から4泊で、ダチのゲンジと台湾に遊びに行ってきた。
2006年最後の忘年旅行。

台湾は初めてだったが、高校時代からの友達のマリモがいることもあって、十分に楽しめた。何をするってわけでもなく、ただよく食べて、よく飲んで、ちょこっと観光する。そんな気まぐれな旅を楽しんだ。

いやーでもホント。台湾はご飯が美味しい!
小龍包、飲茶、フカヒレの姿煮、北京ダック、火鍋、パールティー。。。。とにかく良く食べた。
ゲンジも僕も、カメラの写真は食べ物のものばかり。
f0081992_3502521.jpg

f0081992_463933.jpg


ところで台湾は、志村けんと金城武の努力の甲斐あって、日本人観光客でいっぱい。
台北市内には、いたるところに日本人観光客向けの表記がある。
が、これがまた、どれもちょっとずつ変。
たとえば、極々普通のシーフードレストランにでかでかと出ていた、こんな看板。
f0081992_357240.jpg

な。。なにが出てくるのか。。

あるいは一体何の店なのかまったくわからない、日本語だけの表記。
f0081992_3582588.jpg

メロリって言われても。。
「おー!メロリか。入ってみよう。」と思う日本人はいないと思う。

実は変なのは日本語だけじゃない。英語も様子がおかしい。
f0081992_3595887.jpg

ナーット。どぅーゆー ナーット??

それと、台湾の人は横文字が嫌いらしく、英語でも日本語でも、固有名詞でもなんでも、とにかく漢字にしたがる。Black Eyed Peasの来訪を宣伝している、あるクラブの看板がこれ。
f0081992_43630.jpg

黒眼豆豆!!なんともコミカルな感じで。。。
そういえば、上海でも、中国の歌手が宇多田光の「Automatic」をカバーしたCDが売ってたけど、ジャケットのタイトルは「自動的」になってたな。。。
なにも全部漢字にしなくても。。。

まあそんなこんなで、楽しかった台湾旅行もあっという間に終わり、帰国。
明日は大晦日。今年は居候先のSeiの家で、まったりカウントダウンの予定。

来年もきっと、いい一年になるに違いない。

では皆さんも、よいお年を!

by tomokingT | 2007-01-01 04:20