Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


スペイン語教本にやられた

僕が行こうとしているINSEADという学校は、言語のRequirementがある。
入学するためには、最低2つの言語を話さなければならず、1年後に卒業するまでに、3つ目の言語の基本的な知識を持っていなければならない。

僕の場合、3つ目の言語として、昔勉強したスペイン語を選択した。
とはいえ、かなり忘れてしまったので、スペイン語会話の本を買い、復習をすることにした。

この教本が面白い。

大真面目なスペイン語会話の本なのだが、かなりマニアックな例文が出てくる。

例えばこんな例文:

Me dejas tu carnet hoy?  今日君の身分証明書を貸してくれる?
Para que?             何のために?

これ。この2文だけ。
お願いをしている側には、深刻な事情が感じられる。
「何のために?」というごもっともな返答からは、疑いと懸念を感じ取ることができる。
いったい背後にどういうドラマがあるのか、ヒジョーに気になる。

こんなのはまだまだ序の口。

こんな例文もあった:

Quien miente?          誰がうそをついているのですか?
Tu mientes.            君です。

鋭い!コナンもびっくりな、鋭い推理に基づく、簡潔かつストレートな答え。
とぼけて尋ねてみた彼も、これには度肝を抜かれたに違いない。

そしてこれ:

Mi gato gorodo no cabe por la ventana. 私の太った猫はこの窓から入れない。
Quepo yo?                       私は入れます?

。。。。いったい何があったのか?別にドアから入ればいいじゃない。
そして太った猫と自分を比べて心配そうに質問をしている返答者。強く生きていこうよ、と励ましたくなる。

まだまだ、この他にもマニアックな例文がたくさん。
いったいどのシチュエーションでどう使えばいいのか。。。。

最後に、練習問題。
次の問いに、スペイン語で答えましょう、という問題。

Que construyeron los arabes en Cordoba?
アラビア人はコルドバに何を建てましたか?


知るか!!


by tomokingT | 2006-11-23 15:24

がんばれ日系ハワイ人

いやぁ、すっかりBlogサボっちゃたよ。
飽きやすくてすみません。

日本に帰ってきてからはや2ヶ月。
その間、親友の結婚式やら、仕事の片付けやらで、超多忙でした。

それはさておき。

先日ハワイに行った友人サッチンが、現地でオモロイ張り紙を見つけたとメールをくれた。

いやこれがまた。なんともオシィ!

まずは写真をどうぞ。

f0081992_17241612.jpg


オッスィー!!


「どうぞ中をごらんください」のつもりなんだろうけど、「ん」が「人」になっちゃった。
ごらひとくださっちゃった。

この作品、好きね。
何が好きって、この短い文章の中に、深いボケとツッコミが存在しているところがいい。

だって「ごらんください」を普通に変換すると、「ご覧ください」か「御覧ください」になるわけで、「御らんください」っていう漢字の振り分けはありえないよね。。。
さらに「御」の漢字だけど、Jack’n(若干と読む)間違ってる。
右側のつくりが、「ふしづくり」ではなく「おほざと」になっちゃてる。ってマニアックなツッコミだけどね。

つまり、この張り紙の作者は、これを書くにあたり、国語辞典とかワープロとかで調べて書いたわけじゃなく、ある程度の日本語力があったんだろう。
なのに、「ん」を「人」にしちゃうというカウンターパンチ的な間違いをおかしてる。
結局お前はナニジンなんだ、と。欧米かよ、と。

でもいいよ。日系ハワイ人。許すよ。
たどたどしい日本語で、よくがんばったよ。


一方、もっとがんばれよ、と思うのが、東京は赤坂、今僕の働いているオフィスの真裏にあるこんなホテル。


f0081992_17254132.jpg


ホテル ザ・バカサカ。

馬鹿にしてんのかっ!!

大体「ビー・アカサカ」って名前がそもそも意味分からないよ。
こんなんじゃ誰も、中を御ら人にならないよ。

by tomokingT | 2006-11-09 17:40