Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


タイの”日本製品”にやられた

これは親友の一人、Willieからの投稿。
彼が旅行でタイに行ったときに見つけた、パンチの効いた商品の数々。
久々に爆笑しちゃいました。

まず最初に、Norikoの「もみのり」
f0081992_1175245.jpg

まぁ、もみのりって名前はまーアリかな、と。
個人的にはきざみのりだと思うけどね。
なんとなくニュアンスは分かる気もする。
挿絵なんかも、かわいいし日本っぽい。

しかし問題は裏側だ。。。

f0081992_1182326.jpg


ものみりー!?!?

どぅーゆーmonomiree!?

いや惜しい!惜しいよサワディカー!
文字の順番変わっちゃったよ。
誰がどうやって間違えたのか。。。
しかも裏側にオチを持ってくるこの小憎い演出。。
いいね。いいよタイ。

裏側までちゃんと確認したWillie、ナイスファイト。


続いては、これまたのり商品。

名前は「SHOGUNE
f0081992_1241880.jpg

SHOGUNE。。。。SHOGUN(将軍)って言いたかったんだろうな。。。
Eは勢いで足しちゃったんだろうな。。。。
しかしこの商品、何がすごいって、この英語表記の下の日本語がすごい!!
f0081992_1253656.jpg


しょぐね!!!

予想外のムエタイチョップ。
英語でEを足しちゃったとこまでは許すよ。がんばったよ。
でもそれを直読みでしょぐねはなぐね??

もうやられっぱなし。

極めつきはこれ。

商品名は「Super White Oats」。

名前から連想するは、なんかシリアルだろうな。
ケロッグオールブラウンみたいなね。
オーツ麦繊維をたっぷり含んで便秘にもいいですよ的な。

でも「White」が気になるね。白。
何が白いのか?

パッケージ見ればわかるかな。。。





f0081992_134980.jpg


白くねー!!!!!


by tomokingT | 2006-09-26 01:44

北京パンダ騒動

今日ニュースをみてたら、こんなのがあった。

北京動物園で、酔っ払った中国人男性が柵を乗り越え、パンダの住みかに潜入。
驚いたパンダに噛みつかれた男性は、パンダに噛み付き返した。


だっはっはっはっは。やってくれる。

第一報を伝えた新聞にはこう書かれていた。

「男性は、突然無性にパンダに触りたくなり、柵を乗り越えた。驚いたパンダに噛み付かれたので、逆ギレしてパンダを蹴飛ばした。するとまたパンダが噛んできたので、噛み付き返した。」

横暴万歳!
意味が分かりません。
かわいがりたいのか、いじめたいのか。

搬送先の病院で、コメントは求められた男性は、

「結構、肌が硬かった」

って違うだろ!
まったくハラハラさせられる。

ちなみにこのパンダの名前は、「グーグー」。。。
もうちょっといい名前、付けてあげて。

by tomokingT | 2006-09-21 23:16

東京はとバスツアーにやられた

今回の仕事は、久々に東京での監査。

チームは、僕の他にもう一人だけ日本人。
あとはスペイン人の男性とインド人の女性とタイ人の女性。
日本の会社を監査するのになんでこんなマニアックなチーム編成なのかはよく分からないが、とりあえず彼ら、日本は初めてということで、先週末「はとバス」で東京観光に連れていった。

午前11時。東京駅から出発したバスは、まず皇居へ。実は皇居は、僕も初めて。

皇居って何もないのね。

旗を持ったバスガイドさんの後を、ぞろぞろと付いて歩く。日本語しか話さないガイドさんの説明を、適当に英訳。「あれが、まーなんか、橋で、あっちが、まー、家。」みたいな。

皇居を後にして、次は浅草へ。
仲見世通りを歩いてみると、チームメートは大喜び。
色々な土産品をゲットしていた。

スペイン人は、スペイン人のくせに、ブロンズの仏像を。
インド人は、ソーラーパワーで動く招き猫を。。。

うーん、なかなかのマニア。

浅草の後は、お台場をドライブ。
そして最後に東京タワーへ。
実は僕、東京タワー近くに住んでいながら、のぼるのは今回が初めて。

まず何が驚いたって、展望台からの景色が微妙!たいしたことない。。。
これなら、隣の愛宕グリーンヒルズからの景色のほうが、ずっといい。無料だし。

次に何が驚いたって、東京タワーのイメージキャラクターなるものが存在しているということ。
その名も、「ノッポン」。
東京タワーがのっぽだから、ノッポン。
その安直なネーミングにハラハラさせられたのも束の間。
その姿を見て、驚愕した。

f0081992_13374087.jpg


!!。。。なんだこの生き物は。
決してかわいくはない。。
というよりちょっとキモイ。

入り口で渡されたパンフレットには、「ノッポンの秘密」と称された、プロフィールが。

  生年月日: 平成10年12月23日
  年齢: 10歳 (双子の男の子)

双子!?
周りを見回すと。。。
f0081992_13454249.jpg

ぬを!?

。。。ますますかわいくない。
どことなく、関取と付き人のようでもある。

プロフィールには性格まで書いてあった。

  兄: クールで無口なシャイボーイ 
  弟: 明朗活発ながら、寂しがりやの一面も

しゃ。。。シャイボーイ!?!?
今日び、観月ありさでも言いません。
弟も、この姿からは明朗活発さがうかがえません。

ここまでくると、どこでどう間違えちゃったのか。。。

極めつけは、座右の銘まであるらしい。

  兄: 「冷めた仕草で熱く見ろ」 
  弟: 「小さなことからコツコツと」

意味分かりません。
兄に関しては、もう文法さえ見当たらない。それに対して弟はごく普通。

最近人気のない東京タワーをもりあげようと、発案されたこのキャラクター。
しかしこれでは、逆効果なのでは。。。

そういえば、京都タワーにも、ノッポンに負けないキャラクターがいるらしい。

その名も「タワワ」。タワーだから。
その姿はというと。。。。
f0081992_144658.jpg


手抜き~!?
瞳孔開き気味のこのキャラ。着ぐるみになると、どうなるんだろう??

by tomokingT | 2006-09-17 14:07

続・Turks & Caicos再び

そうなんです。

婚約しました!

半年越しの計画を、T&Cで遂行しました。
かなり緊張。。。

色々と計画に参画してくれて皆さん、どうもありがとう!

f0081992_7151760.jpg


来年の1月から、1年学校に行くので、結婚はその後になりそう。
まず、学校卒業後、どの国に住むのかから決めないと。。。

by tomokingT | 2006-09-11 07:19

Turks & Caicos再び

Floridaで会社のConferenceに出席した後、次の仕事が始まるまでの束の間のバケーションを楽しみに、カリブ海のTurks & Caicos諸島へと飛んだ。

Turks & Caicos諸島は、Miamiの東約950kmに浮かぶ、8つの島と40の珊瑚礁群から成るイギリス領の美しい諸島だ。
f0081992_5495254.gif


色々なカリブの島を訪れたが、その中でもT&Cは別格!
去年の春にこの島を訪れた時に、まだまだ未開発のこの島の美しさに惚れこみ、今回またやってきた。

80年代後半から本格的にリゾート開発が始まったものの、この島、みんなノンビリ。
1年前と比べても、あまり開発が進んでいない。まだまだ道路も舗装されておらず、インフラの構築もイマイチ。それもそのはず。クレーン車とかシャベルカーなどの重機はめったに見ない。
家を建てている人たちも、ほとんど手作業!そりゃ時間かかるわ。

最も有名なGrace Bay沿いにはリゾートが立ち並ぶものの、島の他の場所ではひと気のない、自然のままの美しいビーチが幾つもある。
f0081992_61571.jpg


足跡が全く無い、真っ白の砂浜と、クリームソーダ色の海。
f0081992_6252626.jpg

ボートに乗ってちょっと沖合いに出ればもう、カリブ気分は最高潮。
f0081992_653981.jpg


T&Cは、島全体で「エコツーリズム」に取り組んでいる。沿岸のほとんど全ては国立公園化され、自然保護が徹底されている。絶滅危惧種のフラミンゴやイグアナの生息地でもあるので、環境に対する意識が強い。観光開発が緩やかなのも、そういった背景があるのだろう。
f0081992_623353.jpg


今回の旅で一番良かったのは、沖合いで体験したスノーケリング。
浜辺から約20分ほど行ったところで船をとめ、海に飛び込む。
水がきれいなので、太陽の光が海底15mくらいまで届く。
海底はトロピカルフィッシュのコロニー。信じられないくらいの色とりどりの熱帯魚と珊瑚礁が広がる、海底都市。まるで水族館の水槽の中にいるみたい。
ダイビングは怖いからしないのだが、スノーケリングだけでこんなに美しい景色が見れるなんて、本当に驚き。

こんな美しい島を、世界の人達が放っておくはずがない。早々とこの島に目をつけた人達が、土地を買い、別荘を建て始めている。
興味本位で不動産屋を覘いてみると。。。なんと!
結構手の届きそうな値段!?
多分東京都心に1LDKのマンションを買うのと同じくらいの値段だと思う。。。。
まあ確かにインフラが整備されておらず、不便は色々あるだろうが、今後の開発を見込めば、これは買いなのでは!!??

結構真剣に悩みます。

ごみごみとした都会に、小さなマンションを買うよりも、この楽園のような島に一軒家を買い、島民のごとくのーんびりと暮らす。。。そんな生活もありかな、と。

そんな夢のような話が、必ずしも夢でないように感じさせてくれる島、T&C。
短すぎるバケーションはあっという間に終わり。
次はいつ、この島に帰ってこれるんだろう?

それと、今回のこの旅で、僕はあるすごいことをしてしまった。
それは。。。。!?
(続く)

by tomokingT | 2006-09-06 06:39