Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 237 )


エレベーターに閉じ込められた!

昨日はマンハッタンのRockefeller CenterのGEビルで仕事をした。NBCのスタジオがあるビルだ。51階のオフィスから高速エレベータに乗って下りていたときのこと。急に「ガタン」と揺れたかと思うと、エレベーターが止まってしまった!どうやら階と階の間にいるらしく、「開」を押してもドアは開かず。何のボタンを押しても反応なし。乗り合わせた見知らぬ4人の人と、「これ。。。やばいよね」と顔を見合わす。f0081992_256222.jpg
急いで緊急電話のボタンを押すと、スピーカーから男の声が。「どうしました?」。。状況を説明し、待つことになった。居合わせた4人がそれぞれ自己紹介を始めた。人事のインターンできている大学生、テレビ番組のプロデューサー、アドミの人。。。まったく絡むことのないだろう人たちと狭い空間を共有するという不思議な体験。
「東京から来た」と言うと、プロデューサーの男性が「ハネムーンで日本に行ったばかりなんだ!」とくいついてきた。そのまま日本談義で盛り上がること5分。まだエレベータは動かない。そのうち皆静かになり、かすかに焦りの色が見えはじめる。。時折ガタン、と揺れるエレベータにびくびくしながら、さらに待つこと5分ほど。ようやくゆっくりと下降を始めたエレベータに皆ほっと一安心。
後で同僚にこの体験談を話したら、なんと数年前にこの同じビルで、エレベータが落ちて乗っていた二人が重傷を負うという事故があったという!古い由緒正しいビルなのはわかるけど。。。もうちょっとメンテとかしてくれ!

by tomokingT | 2006-03-02 02:56

NYは大雪

土曜から日曜にかけて、アメリカ東海岸は大雪にみまわれた。アラスカ?ってくらいの猛吹雪だった。マンハッタンでは27インチ(75cmくらい)も積もり、観測史上最大の積雪量だったらしい。部屋の窓から外を見ると、目の前にあるはずのエンパイアーステートビルが見えないほどの、真っ白の吹雪き。路上に止められた車は半分以上雪に埋まり、2000便以上のフライトがキャンセルになり、通常の交通機関も打撃を受けた。まさにDay After Tomorrowの1シーンを見ているようだった。
しかし月曜の朝にはすでに道路や歩道の雪はほぼなくなり、交通機関も普通に動きだしていた。大型の除雪車が何台も機動していた。え?アメリカなのに?と驚いてしまうほどの迅速な対応だ。
考えてみれば、NYの緯度は北海道とほぼ同じ。立派な雪国だ。そりゃ市民も準備ができているわけだ。特に何がすごいって、あの塩がすごい。「Hot Stuff」とかいう塩が売られてて、それをまくとたちまち雪が消えてしまうのだ。ナメクジなんて多分一瞬で消滅するに違いない。
しかし最近の天候は本当に異常だ。去年アメリカを襲った自然災害の数は、史上最高だったらしい。素人でも身をもって実感できてしまうこの異常気象。

そろそろ、この前買った月の土地への移住計画を本格的に考えなければ。。
f0081992_2525775.jpg


by tomokingT | 2006-03-02 02:53

NJ Englewood CliffsのCNBCオフィス

今仕事で来ているCNBCのオフィスは、マンハッタンから橋を渡ってすぐのニュージャージー州・Englewood Cliffsにある。すんごい偶然なのだが、実はここは僕が1988年から1990年、小学生の時に住んでいた町だ。当時住んでいた家から今のオフィスまでは徒歩10分ほど。オフィスの裏にある公園はよく友達とサッカーや野球をした想い出深い公園だ。当時通っていた学校の友達とも何人か連絡が取れ、17年ぶりに会うことができそうだ。

ところでCNBCのオフィスは施設がものすごい。まだ2年の新しいビルで、最新の機材と設備が揃ったスタジオ兼オフィスビルだ。CNBCファンならご存知だろうがSquawk BoxとかMad Moneyとかのスタジオがある。オープンスタジオなので生放送の様子を見ることもできる。毎朝放送している2時間の生放送番組があるのだが、朝家を出る前にテレビで見ている番組が、会社に着くとそこで収録している、というのはなんとも不思議な感覚だ。

何より感動したのが、ジムと食堂。会社にトレーニングジムがあるのはアメリカの会社の良いとこベスト5に入るだろう。しかしこのジムは特にすげー。都会にある大きなジムにまったく劣らない設備を誇り、無数の筋トレマシンやランニングマシンなどのほかに、ヨガやエアロビのためのスタジオまである。毎日いろいろなクラスまで開催される。これが社員なら無料で利用できるのだから、すごいことだ。
そして食堂。なんと会社の食堂なのに、ピザ焼き用の竈がある。シェフが5人くらいいて、食材から選んで料理を作ってもらうことまでできる。ヘルシー志向のアメリカ人のために、野菜中心のメニュー等も充実している。
今後は日本の会社も、こういったベネフィット面にももうちょっと注力してほしいものだ。

f0081992_249192.jpg


by tomokingT | 2006-03-02 02:50

マンハッタンの夜景

LAからマンハッタンにやってきた。寒っ!アホかってくらい寒い。シベリア?LAの真夏のような気候から、極寒の地へ。。。体がついていかん。

まあとにかく、しばらくはここが拠点になりそうだ。
仕事で東京、ロンドン、マンハッタンなどの都市に長期滞在する場合は、ホテル代がバカ高いので、会社がマンションを用意してくれる。しかしこのマンハッタンのマンションがまた!。。。。やばいわけよ。
East Sideで5th AveとMadisonの間にある、高層マンション。モード系で渋い色調の家具が揃った高級2BRマンション。部屋のライティングなんかも、間接照明でかっちょいいし、28階の部屋のベランダから見える夜景は、もうご覧の通り。。。
もうかれこれ2年くらいスーツケース暮らしをしていて、最近はちょっと一か所に落ち着きたいな、なんて思ったりもするけど、こういうオイシイ思いができるのもやっぱり悪くない。
f0081992_584279.jpg


by tomokingT | 2006-03-02 02:47

LAでムービースター気取り

仕事でLos Angelesにやってきた。LAは16年ぶりだ。仕事といっても今回の仕事はとってもオイシイ。まずはUniversal Studiosのど真ん中にあるホテルに宿泊。オフィスがスタジオ内にあるため、社員パスでスタジオ内を自由に行き来。テレビや映画で見たスターが、普通に歩き回っている。

アメリカ人の同僚が、「よし、お前は香港から来た映画スターということにしよう!」といういことで、サングラスをかけ偉そうに歩き回ってみた。その同僚は僕のマネージャーという設定で、メモ帳を片手に半歩下がって小走りについてくる。するとスタジオ・ツアーのバスに乗った観光客が、こっちを指差して誰だ誰だ、とささやいているではないか。「香港のムービースター」という設定がよく分からないが、ちょっとした有名人気分を味わった。

仕事の合間を縫って、ユニバーサルの遊園地に忍び込む。ジュラシックパークやMUMMYのアトラクションを堪能。子供だましかと思いきや、なかなかの迫力だ。
後日、観光客に混じってスタジオ・ツアーのバスに乗った。Desperate Housewivesの街のセットや、いろいろな映画で使われたセットを見てきた。同じセットが、複数の映画で使われていたのには驚き。そして街全体を作ってしまうスケールの大きさに圧倒された。中でも、トムクルーズ主演、スピルバーグ製作の「War of the Worlds」(邦題「宇宙戦争」)で使われた、「飛行機が墜落した街」のセットは圧巻。ボーイング747級の機体が瓦礫の中に派手に横たわっているセットが、今も残されている。
f0081992_564569.jpg

ハリウッドのお金のかけ方には驚かされるばかりだが、この派手な世界の裏には、それを一事業としてどう成功させるかを一生懸命に考えて日々走り回っている人たちがいる。今回の仕事ではそんな「裏舞台」を覗けそうで、楽しみだ。

by tomokingT | 2006-03-02 02:41

ロスカボス

ワシントンDCを出て、次の仕事が始まるまでの束の間のバケーションを楽しみに、メキシコ・ロスカボスに飛んだ。世界で3番目に長い半島の南端にあるリゾートだ。カンクンやバハマなどのカリブ海系リゾートは、場所によってはアメリカの大学生が馬鹿騒ぎにやってくる場所になってしまうため、正直いってあまり期待していなかった。が。リゾートに着いてみてびっくり。Marquisというホテルに泊まったのだが、すごく落ち着いていて、宿泊客も少なく、すばらしいリゾートだった。何より海と空の深い青さと、それと対照的なアンダルシアにありそうな白を基調としたホテル、スタッフのきめ細やかなサービスに感動。半島全体がメキシコらしさたっぷりの「砂漠」なので、まさにオアシスのような美しさだった。海を眺めながら入れるジャグジーバスや、毎朝ドアをノックすることなく外側から部屋にこっそり入れておいてくれる朝食、絶品のトロピカルカクテル、などなど。。。ハードな仕事に戻る前の休暇にはぴったり。グラスボトムのボートで沖合いの島に行き、Lover's Beachというプライベートビーチでゆっくり。コロナを片手に日光浴をしながら、なんにも考えずに読書にふけっていると、時間なんてすぐに経ってしまう。
昔はよく「仕事なんかしないで南の島で魚でも獲りながら暮らしたい」なんて思っていたけど、最近は一生懸命仕事をするからこそ、こういうひと時が最高に楽しめるんだな、と思えてきた。帰りの飛行機の中で仕事の準備をしながらも、次の休みはどこへ行こう?と思いを巡らせる。。。そんな時間もけっこう好きだったりする。
f0081992_544942.jpg


by tomokingT | 2006-03-02 02:36

ワシントンDC

会社主催のディナーダンスに出席するため、上海からワシントンDCに飛んだ。お約束のホワイトハウス、リンカンメモリアルなどを見てきた。けっこうみんなが感じることだと思うけど、「ホワイトハウスってこんなもの?」という印象を受けた。思ったより小さいし、セキュリティもこんなのでいいのか、ってほど手薄。思わずレプリカあるいは張りぼてかと、裏にまわって確認してしまったほど。でもやはり大国の首都らしく、重要文化財級の建物がたくさん。しかも一般市民に完全に開放しているところが、アメリカっぽい。

ディナーダンスは、毎年なんとも微妙。。。男性はタキシード、女性はイブニングドレスが基本なのだが、せっかくドレスアップしているのに食事中はテクノ系音楽をガンガンかける。ディナーの後のダンスも、六本木の80'sクラブかと思うような選曲ばっかり。そして極め付けは、「カジノナイト」!ブラックジャックテーブルが並び、お金ではなく抽選券をかけて勝負。で、最後に抽選でiPodが当たっちゃう、みたいな。。。。まるで老人ホームの忘年会。全体的になんというか、体育会的というか子供だましというか。。。まあそれなりに楽しかったからいいけど、もうちょいしっとり気味なほうがいいかな?
f0081992_523335.jpg


by tomokingT | 2006-03-02 02:29