Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やっと来たぜグリーンカード

昨日、ようやく米国移民局から永住権証明書、俗に言うところのグリーンカードが届いた。

長かったぜグリーンカード。。。

思えば今年の4月12日に入国して以来、移民局にはハラハラさせられっぱなし。

入国した時に、「30日後にグリーンカードを送付します」的な通知をもらった。
30日経ってもこないので、移民局のカスタマーサービスに電話してみたら、「通常45日かかるのでもう少々お待ちください」だって。

そこで45日待ってみたけど、やっぱり来ない。
再度電話してみたら「60日間待ってこなければ、催促リクエストを出せますので。」だって。

うーん、なんて非効率なプロセス。。。。

思ったとおり、60日待ったけど、やっぱり来ない。
そこで再度電話して、催促リクエストを出した。

すると数週間後に、移民局からこんな手紙が来た。

「当方の記録によると、貴方のグリーンカードは今年5月5日に発送済みです。そちらに届いてないということは、紛失ですので紛失・再発行手続きをとってください。

ぬわーにー!?!?

紛失ー!?!?FOON SHITS????

紛失じゃねーだろ!こっちはグリーンカードなるものと、一度も「こんにちは」してないのに。

ていうかさんざん電話かけたじゃない!こちらから。
一回目の電話だって、5月5日のあとなんだから、なんで送ったなら送ったって言わないのさ!

ムッキー!!!
と思いながらも、怒ってもこちらの負け。

しぶしぶ紛失・再発行届けを提出してみると。。。。

再発行費用370ドル。


あふぉか。

なんでこっちはなんにも悪いことしてないのに、370ドル払わなきゃいけないのさ。
まったくもって意味不明。

絶対陰謀。
最初のカードなんて、実は送ってないに違いない。
米国の貿易赤字をこんな形で穴埋めしようとしているに違いない。

ほんと、これが世界最大国の政府機関の仕事とは思えない。
あまりにもオソマツ!

まー何はともあれ、ようやく届いたグリーンカード。
グリーンカードって言うくらいだからどんだけ緑なんだ、と思ったらぜんぜん緑じゃなかった。
「永住」だから「グリーン」なんだろうね。どうでもいいけどさ。

by tomokingT | 2008-12-08 11:51
<< 恐怖の接吻 エアフランスはダメダメ >>