Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

全然使えない米国移民局

アメリカに入国してから早くも4ヶ月が経過しようとしている。

しかし問題がひとつ。

移民ビザで入国したのだが、まだグリーンカードが届いていない。

本当は入国してから2ヶ月くらいで届くはずなのに。

おかしいな、と思い6月中旬に、一度移民局に電話した。
そのときの説明は、
「あなたのケースには担当者が割り当てられていないので、まだですね。とりあえず30日間待ってみて、まだ届かないようだったらお電話ください。」
とのことだった。

言われたとおり、30日間待ってみた。まだ来ない。
ので、7月中旬にもう一度電話してみた。
「まだ担当者が割り当てられていません。後15日間待ってください。」
だって。

いつまでかかるんだ、と思っていたら、先週末移民局から手紙が届いた。

その内容に僕は驚愕した。

「記録によると、5月8日にすでにご自宅にグリーンカードを郵送しています。まだ届いていないということですが、こちらも郵便局から未到達で返送されてきていません。したがって、紛失したと判断します。移民局ウェブサイトから、「紛失届け」を提出してください。再度カードを発行いたします。」

紛失ー???
誰が紛失だ。
そっちの送り間違いか何かだろ??!!
しかもなんだ、5月8日って。
こっちは6月と7月に、電話してるんだ。
そんな話、一回も聞いていないぞ。

しぶしぶウェブサイトに行き、紛失届けの手続きをしようとしたら、その内容にまたまた驚愕。

なんと紛失届けを提出する際、370ドルの手数料が発生するという!

ふざけんな!!!
こっちは何にも悪いことしてないのに、なんで手数料がかかるんだ!

プンスカピーの僕は、移民局に電話して、抗議。
すると電話の向こうの方はこう言いなすった。

「こちらはカスタマーサポートなので、抗議されても困ります。こういう件は移民局に直接、手紙でお願いします。」

なぬー!!?!?

全く話にならない。
しかも8月中旬に海外バケーションをひかえた僕。
グリーンカードなしでは再入国できないじゃないか。

カスタマーサポートにこの事情を説明したら、
「それでは、移民局とアポイントメントをとって、再入国許可のスタンプを押してもらってください。ただし、このスタンプをもらうためには、紛失届けを提出していなければいけません。したがって370ドルを支払い、領収書を持参してください。

だって。
どっちにしろ、支払わなきゃいけないのか!!!
詐欺?これは詐欺ですか??

まったく使えないぜ移民局。
ひどい話だ。

結局、抗議もむなしく、370ドルを支払うことに。
いつになったら、グリーンカードは来るんだろう。。。。

by tomokingt | 2008-08-05 09:50
<< パリスの復讐 NJのコンドミニアムがすごい >>