Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カレイの郵便屋

日本にいる人は、さんざん聞いたニュースだと思うけど、海外にいる人、今日も日本はおかしなニュースがありましたよ!

まずはこちらを読んでください

まあ要約すると、15年前、小学1年生だった白髭さんが風船につけて飛ばした手紙が、千葉県銚子で水揚げされたカレイの体にくっついた形で、発見されたっていう不思議な話。

これだけだったら「ちょっといい話」なんだけど。。。さすがは日本のテレビ。
各チャンネルで、大学生になった白髭さんが、このカレイを発見した君野さん(51歳)と面会する様子を、ドキュメンタりータッチで追っちゃってました。

この面会の様子が、かなりウケた。

何がウケたって、まず白髭さんと君野さんの面会の様子を取材しようと、20台以上のカメラと50人くらいの報道陣が駆けつけてたってこと。他に報道すべきことないのか!
銚子漁港を歩く白髭さん、レッドカーペットを歩く女優並みの扱いでした。
これで一躍有名人。次はCDデビューだな。

さらに。ついに面会を果たし、ぎこちなーい挨拶を交わした白髭さんと君野さん。
次の展開に、僕は抱腹絶倒。

「ここで君野さんの粋な計らい。この手紙がくっついていたカレイと、同じ種類のカレイで作った、カレイ鍋を振る舞いました。


えーっ!!食べちゃった?手紙を運んでくれたポストマンを!
これって「粋な計らい」か??恩を仇で返してないか??

カレイを頬張る白髭さんも、ビミョーな表情。

なんとも、和やかというかなんというか、変わったニュースだった。

しかし、ずっと海の底にあったはずなのに、完璧に内容が読めちゃう保存状態のこの手紙。油性マーカーの凄さをニュースにしたほうがいいんじゃないかと。。。

by tomokingT | 2008-01-26 00:37
<< タイで結婚式 日本のテレビジョン >>