Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

最近ハマっているのですHEROESに。

最近、米NBCの新しいTVドラマ、HEROESが面白い!!
今シーズンの新番組の中で、一番人気のこのドラマ、超人的能力を持ったヒーロー達が活躍するという一見とっても子供じみた内容なのだが、脚本がヒジョーに良くできていて、ちょっぴりダークな作品に仕上がっている。
f0081992_4435956.jpg

ヒーローの一人に、東京出身の日本人という設定のキャラクターがいる。
名前は「ヒロ・ナカムラ」という安直なネーミングだが、時空間をねじ曲げる能力を持つ、物語の鍵を握る重要なキャラの一人だ。
本編中ずっと日本語を話し、彼のセリフの時には英語の字幕が出るというちょっと変わった試みになっている。

この役に大抜擢されたのが、日本人のMasi Oka。本名オカ・マサヨリ。
東京生まれだが6歳からずっとアメリカ暮らし。若干アクセントはあるものの、流暢な日本語を話す。彼の演技はなかなかのもの。とぼけたかわいい系のキャラながらシリアスな面も持つ日本人を、見事に演じている。
f0081992_4372239.jpg

このMasi Okaなる人物がちょっと気になったので調べてみると、実はすごい奴だった。

6歳の時にアメリカに渡った理由が、Giftedな子供としてアメリカで天才教育を受けるためだったのだ!Giftedというのは、幼少期から類稀な能力を発揮する天才児のことで、アメリカにはそういう子供達を集めて英才教育を施す学校が存在するのだ。Masi Okaの場合、なんとIQ180以上の超天才児。

そのあまりの天才ぶりに、かの有名なTIME紙のカバーを飾ったこともある。(左後列が彼)
f0081992_4422680.jpg


実は彼、俳優業をこなす傍ら、CGやディジタル画像のスペシャリストでもあり、あのルーカスの会社に勤め、スターウォーズエピソード1のCG開発にも携わっているのだ。かなりやり手。

さらに、HEROESの脚本は全て英語で書かれており、Hiro Nakamuraのセリフは、Okaが自分で和訳しているらしい。アメリカ生活が長い割りには、センスのいい和訳をしてくれる。たとえば、ドラマのワンシーンで彼が危険回避のために物陰にダイブして隠れるときのセリフ。

「とぉう!」

だって!なかなかいないよ!?最近。「とぉう!」ってダイブする人。
アメコミ的なドラマの雰囲気を汲んだ、とても的確なセリフ。まさに天才。

そんな彼の今後の活躍が楽しみ。

HEROESを見ていない人は、ぜひオススメ!

by tomokingT | 2007-03-21 04:57
<< 気付いたら1年 仏の車窓から ~ コートダジュール編 >>