Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

仏の車窓から ~ ロワール編

ブルターニュから南東へ向かい、中央フランスのロワール地方へ。
ここは「フランスの庭園」と呼ばれ、豊かな土壌で育まれたワインと、何よりも数多くのシャトー(古城)で有名。

15、16世紀に、フランスの王様達は、このロワール地方でバカンスを楽しみ、次々とシャトーを建てた。レオナルド・ダ・ビンチなどの芸術家も、シャトーのデザインに力を貸している。

中でもフランソワ1世が建てたシャンボール城は圧巻!下手すると悪趣味とも言われそうな派手さは、ベルサイユも越えるとか。まさに王の富と権力の象徴。(まあ言わば見栄の象徴。)
f0081992_5403157.jpg

しかもフランソワってば、狩猟のときにしかこの城を使わなかったもんだから、こんな立派な城なのに、実際に滞在したのは合わせてたったの7週間だって!どんな贅沢だ。

実はこのロワール地方、いくつかの小さめのシャトーがホテルになっていて、一般人でも泊まれるようになってるんです。

ふふふ。。。。泊まっちゃったもんね!

Saumurという街にある、プライベートシャトー、Château de la Verrières。
シャンボール城とまではいかなくても、立派なシャトー。
アポなしでも快く泊めてくれました。
f0081992_544942.jpg

バカ広く、バカ高い天井の部屋は、とってもゴージャス。フランソワ気分を味わった。

温かく迎え入れてくれたここのオーナー夫婦、なんと十何年前に東京で暮らしていたらしい。青山に住み、娘は聖心インターナショナルスクールに通っていたんだと。つくづく世界は狭い。
当時はバブルで、保険会社に勤めていた旦那さん、かなり稼いだのでしょう。。。
こんな素敵なシャトーを買っちゃって、悠々と退職後の暮らしをエンジョイしているわけです。
そんな暮らしも悪くないなぁ。。。
f0081992_5513457.jpg

とってもいい感じの夫婦が経営する、素敵なシャトーに興味がある人は、Webサイトをご覧あれ。http://www.chateau-verrieres.com/

そんなこんなで、あっというまに束の間の休みも終わり。
今回はノルマンディ、ブルターニュ、ロワール地方を攻めてみたが、それぞれ違った魅力があって、十分楽しめた。次回はどこに足を伸ばそう。。。

by tomokingT | 2007-03-14 06:00
<< 試験の珍解答。いただけます。 仏の車窓から ~ ブルターニュ編 >>