Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

学校へ行こう

フランスのMBA校、INSEADから合格通知が来てから早2週間。

この2週間は、ミュンヘンで度肝を抜かれたり、ロンドンでテロ騒ぎに巻き込まれそうになったりと、ドタバタ過ごしたわけだが、それでも色々と考えることができた。

特にロンドンに渡航できず、ミュンヘンで放置プレイにあっていた間は、一人の時間が多かったので、じっくり考え事をするには良いチャンスだった。

結論。



やっぱりドラえもんの放送禁止は撤回すべきだ。




あ、これはまた別件でした。
ミュンヘンだけに、ベッケンバウアー。


結論。MBAに行ってみようと思います。


理由は、リングの上にアイツがいるから自分が将来在りたいと思う場所にたどりつくのには、それが最善の道と思ったから。


確かに今の仕事を続けることに、メリットは多い。役員職への近道だし、ものすごく勉強にもなる。特に今の会社に残るのであれば、続けない手はない。

でも、やはり自分の可能性を、今のファイナンスや会計の分野に限定したくない、という思いが強い。

あるサッカー好きの先輩に相談した時に、その人が言った言葉がまさに正解。

「君の場合は、右ききの選手が、左足で勝負しているみたいなものだよ。左足でも一流のプレイはできるんだけど、自分の中ではぎこちなさが残るはず。」

そう、それなんです。
僕はもともとファイナンスの人間ではないのです。
できる、できないの問題ではなく、「楽しいか?」とか「向いてるか?」と聞かれた時に、「おうともよ」と素直に言えないわけです。

まあ要するに、概念的な話をすると、「天職」だとは思わないわけです。

MBAに行けば天職が見つかるかというと、そうもいかないんだろうけど、もっと多くのオプションに触れて、より大きな戸口が開かれるのではないか、という期待はある。

ということで、入学を決定。
昨日、会社の上司や人事に報告を済ました。
11月末まで仕事をし、12月は休みを取り、準備をする予定。

ということで相談にのっていただいた皆さん、どうもありがとう。
特にダチのKenjiや、現役在校生のYokkun、Misatoさん、どうもありがとう。

いよいよ本格的に準備開始。

まずはフランスで頭突き被害にあっても大丈夫なように、胸筋を鍛えよう。

by tomokingT | 2006-08-16 02:57
<< 中国製商品にやられた ドラえもん放映禁止 >>