Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ドラえもん放映禁止

中国政府が、昨日発表した。

9月1日から中国全土で、ゴールデンタイムに
日本のアニメを放映することを禁止します。と。

理由は、中国の若者が日本文化に感化されてしまうから、ということだ。

この規制に引っかかるため、上映が禁止になるアニメの中に、あのアニメもあった。

そう、

ドラえもん

ドラえもん禁止令入りました。

チラリズムなキューティーハニーとか、ひでぶな北斗の拳とかでなく、ドラえもん。

ドラえもんの何がよろしくないのか?

あれか?何回夏休みを経験しても5年生でい続ける登場人物の奔放ぶりが、中国の若者に悪影響を及ぼすと?
あるいはクラスメートを「たけし君」という本名で呼ばず、「ジャイアン」というアグレッシブなあだ名で呼んでしまう横暴さがいけないと?

中国の新聞、「北京青年報」は今回の規制に関して、
「自国の”貧弱な”アニメ産業を保護育成する狙いがある」とも述べている。

どれどれ、中国のアニメはそんなに貧弱なのか。。。?









f0081992_548404.jpg



ひんじゃくー!!!

これ、お父さんと子供という設定らしいが、この子供のパンチの効いた頭部はどうしたですか!?お母さん似ですか??

あー驚いた!これは保護育成してる場合じゃないのでは。。

しかし今回のこの規制、自国の産業保護とか、文化うんぬんとか言うよりも、もっと根底に深い理由がある気がしてならない。

もしかして、禁断のオーバーテクノロジーの結晶であるドラえもんに比べ、自国のロボット産業があまりにもふがいないから、軽くジェラシーとか?

どれ、中国のロボット産業はどうなっているんだ?










f0081992_5582846.jpg



ひんじゃくー!!!


これで名前が「先行者」。。。。
あまり先行できてない感じ。

(先行者についての詳細はこちらのSamuraiさんのブログをどうぞ:http://www6.plala.or.jp/private-hp/samuraidamasii/tamasiitop/robotyuugoku/robotyuugoku.htm


いや、冗談はさておき、はっきり言って今回のこの規制の意図が見えてこない。
実際、中国では自国産のアニメは、最も人気の高いものでも、視聴率はドラえもんの4分の1。テレビ局の人からすれば、この規制は痛い。テレビを見る一般国民にとっても、見たいものが見れなくなるわけだ。
自国の産業を保護、というのは分からなくもないが、革新は健全な競争の中で生まれるもの。競争を規制で縛ることが、産業の保護につながるとは限らない。

他国の文化に感化されることが、悪いことだとも思わない。
自国のアイデンティティを失わずして、他国から多くを吸収することは可能だし、実際にそうやって文化を育んできた国はたくさんある。

2008年は北京オリンピック。
他国の文化に渋い顔をする中国は、この国際的なイベントを主催する準備ができているのだろうか?

by tomokingT | 2006-08-15 06:27
<< 学校へ行こう 本当にやられた >>