Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

頭突きの意味

今日、ジダンがフランスのCanal Plusテレビに出演し、例の頭突き事件の真相について語った。

「あの行動は間違っていた。子供達に謝りたい。」

と述べたものの、

「後悔はしていない。後悔するということは、マテラッツィの発言を肯定することになる。彼の暴言は肯定できない。」

とも述べた。

実際の「暴言」の内容は明確にしなかったものの、

「僕の母親と姉に関することだった。彼は非常に強い表現を使った。それも繰り返しね。一回聞いたら、聞かないようにするだろう。でも2回、3回と続いたんだ。」

とコメント。
FIFAの情報筋では、人種偏見的発言だった可能性があるということだ。

これが本当だとすると、マテラッツィの発言は大問題だ。

ジダンの両親はイスラム教国アルジェリアからの移民。
イスラム教徒=テロリストという差別的な図式が普通になってしまっている環境で、ジダンは子供の頃から「迫害」を受けてきた。
フランス代表として活躍するようになってからも、母親にはフランスの市民権が与えられないなど、家族は差別的とも言える扱いを受けてきたのだ。
そして現在母親は病気で入院中。

そんな根深い問題に関し、家族を侮辱するような発言を試合中繰り返されたら、キレて当然。
ジダンの行動を擁護する気はないが、社会問題に発展する可能性のある発言は見過ごすべきではない。

FIFAも事の重要性をようやく理解し、調査を開始したという。。。。

スポーツ界から人種偏見がなくなる日はくるのだろうか?

by tomokingT | 2006-07-13 05:39
<< ゴミためマンハッタン Little Italyは大盛... >>