Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハリウッド映画事情

今週、我が社製作の映画、「The Break-Up」が全米公開された。
f0081992_8402470.jpg

Jennifer AnistonとVince Vaughnという話題のカップルが主演なだけあって、オープニングウィークエンド(公開されてから最初の週末)の収益は、39百万ドルというなかなかの成績。

オープニングウィークエンドだけとれば、ロマンティックコメディというジャンルで歴代3位。(ちなみに1位はWill Smithの「Hitch」、2位はDrew Barrymoreの「50 First Dates」。

39百万ドルというと、約44億円くらいか。
最初の週末だけでこれくらい稼ぎ出すとは、やっぱりアメリカ映画は凄い。

しかし驚いていてはいけない。
歴代の映画収益トップ10を見ると、ものすごい。

f0081992_8461770.jpg


見間違いじゃありません。タイタニックの歴代収入は、
600百万ドル。日本円にすると約680億円!!

しかもこれは、Box Officeの収益のみ、つまり映画館の興行収益だけの数字だ。
DVDとかビデオとか、その他もろもろ含めると、もっと膨らむわけだ。

日本のアニメを除いた映画の最高興行収益が、「踊る大走査線」の174億円なので、これと比較してもとんでもない金額だということがわかる。。。

しかもアメリカの場合、映画関係者の取り分もものすごい。。。。ビッグな監督や俳優になると、興行収益の10%なんかをもってっちゃうらしい。

そうだ。映画俳優になろう。


by tomokingT | 2006-06-07 08:56
<< ヤンメン LAのホスピタリティ >>