Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タンス預金22兆円

昨日、日銀が新札の普及率を発表した。

それによると、まだ新札に切り替わっていないお札が、1万円札だけでも22億9000万枚もあるという。

これはつまり、22兆9000億円ものお金が、世の中に出回っていないということだ。

世の中に出回っていない = 銀行にも預けてないし、買い物にも使っていない。。。。

つまりいわゆるタンス預金なわけだ。

f0081992_1351551.jpg


このご時世に、タンス預金が22兆円もあるなんて国は日本だけだろう。

タンス預金のメリットを考えてみた。

 - 裏金の場合は銀行に預けられないので、タンスに隠しておくしかない
 - 休日に引き出しても手数料ゼロ
 - タンスの重しになるので、地震がきても安心

とまあこんなとこか。

というのは冗談で、実際は日本が今デフレなのと、銀行の利息があまりにも低いからだろう。
たとえば、今銀行に預金しても、0.007%とかの利息じゃ、ベネフィットなんてないに等しい。
しかも銀行は倒産するリスクもある。

一方、デフレで物価が毎年1%づつ下降した場合、タンスに眠らせているお金の価値は、1%づつ上昇しているに等しい。(1%の利息をもらっているとも考えられる)

なので金利がもっと上がって経済が元気になってきたら、タンス預金も日の目を見るかも。

ところでクイズです。「預金」と「貯金」の違いはなんでしょう?
正解者には、預金用に新品のタンスが当たるとか、当たらないとか。

by tomokingT | 2006-04-06 01:49
<< 子供たちの主張 温暖化はウソ!? >>