Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

世界一ウマイと思われるステーキ

NYと言えば、ステーキ。(そうか?)

NYには老舗の超有名ステーキハウスがたくさんある。
Peter LugerとかSparksとか。

でも今回食べたステーキは、それら有名店のステーキよりも、格段にウマイ。

なぜなら、俺様が作ったから。
(というか調理法と肉のチョイスは妻が。。。私、焼いただけ)

まず、肉がすごい。

f0081992_10553240.jpg


出ました。ニューヨーク・カット。
一人前怒涛の400グラム
30過ぎて、こんなに肉を喰らっていいのかっ!!ってぐらいデカい。
これには大原牧場の大原さんもびっくりです。(美味しんぼ参照)

肝心の味付けは、ホニャララペッパー(企業秘密)と、塩。

問題はこのアフォみたいに分厚い肉を、どうやって完璧なミディアムに焼き上げるかだ。

そこで登場するのが、この秘密兵器。

f0081992_1111866.jpg


Le Creusetのグリルパン。
これがすごいわけよ。。。熱の伝導率が高く、肉が均等にムラ無く焼ける。
コンロ2つにまたがるこの豪快なパンで、一気に焼き上げる。
肉を押さえつけてもだめ。頻繁にひっくり返してもだめ。
厚さに基づいて時間を計算し、ひたすら辛抱強く待つ。

そして、ここ重要。
焼きあがったら、しばらく放置!
f0081992_1142366.jpg


この放置プレイが、かなり重要なわけよ。。。。
余熱で肉全体に熱が通るだけでなく、表面の塩分とペッパーが肉汁と共に肉全体に浸透する。

そしてころあいを見計らって、マッシュポテトとほうれん草のソテーと一緒に、喰らう!

f0081992_116141.jpg


旨い。

これは旨い。
原価8ドルのこのステーキ。
多分レストランで食べれば、40ドルはかたい。
こんなステーキが家で出来てしまうと、ステーキハウスに行く意味がなくなってしまう。

だがしかし。

これは多分、世界で2番目に旨いステーキだと思われる。

世界一は、例のタイで結婚式を挙げた夫妻の、旦那のRoyが作るステーキ。

実はホニャララペッパーも、グリルパンも、Royのうけうり。
Royは更に、グリルパンで焼く前にオーブンで焼くという隠れ業も披露。
見よ、高速シャッターも捕らえ切れないこの機敏な動き!
f0081992_11174021.jpg


普通、旨さを閉じ込めるために表面を焼いてからオーブンで、とか言いがちなのだが、Royに言わせれば玄人は順番が逆だとか。

そして焼き上がりがこれ。
美しい。。。もはや、アート。肉アート。
f0081992_11181573.jpg


これは流石に。。。まいうー。
感動的に旨い。

本当に、Royはステーキハウスを開業したらいいと思う。
名前はそうね。。。。Roy's (パクリ)

by tomokingT | 2009-03-23 11:25
<< リーサル・ウェポンな屁 「へにょい」強盗 >>