Life Less Ordinary


世界のいろんな場所から気が向いた時にのみなんとなく日記とかつけちゃったりいろんなことに物申したりしちゃおっかな的ブログ。
by tomokingT
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LAでムービースター気取り

仕事でLos Angelesにやってきた。LAは16年ぶりだ。仕事といっても今回の仕事はとってもオイシイ。まずはUniversal Studiosのど真ん中にあるホテルに宿泊。オフィスがスタジオ内にあるため、社員パスでスタジオ内を自由に行き来。テレビや映画で見たスターが、普通に歩き回っている。

アメリカ人の同僚が、「よし、お前は香港から来た映画スターということにしよう!」といういことで、サングラスをかけ偉そうに歩き回ってみた。その同僚は僕のマネージャーという設定で、メモ帳を片手に半歩下がって小走りについてくる。するとスタジオ・ツアーのバスに乗った観光客が、こっちを指差して誰だ誰だ、とささやいているではないか。「香港のムービースター」という設定がよく分からないが、ちょっとした有名人気分を味わった。

仕事の合間を縫って、ユニバーサルの遊園地に忍び込む。ジュラシックパークやMUMMYのアトラクションを堪能。子供だましかと思いきや、なかなかの迫力だ。
後日、観光客に混じってスタジオ・ツアーのバスに乗った。Desperate Housewivesの街のセットや、いろいろな映画で使われたセットを見てきた。同じセットが、複数の映画で使われていたのには驚き。そして街全体を作ってしまうスケールの大きさに圧倒された。中でも、トムクルーズ主演、スピルバーグ製作の「War of the Worlds」(邦題「宇宙戦争」)で使われた、「飛行機が墜落した街」のセットは圧巻。ボーイング747級の機体が瓦礫の中に派手に横たわっているセットが、今も残されている。
f0081992_564569.jpg

ハリウッドのお金のかけ方には驚かされるばかりだが、この派手な世界の裏には、それを一事業としてどう成功させるかを一生懸命に考えて日々走り回っている人たちがいる。今回の仕事ではそんな「裏舞台」を覗けそうで、楽しみだ。

by tomokingT | 2006-03-02 02:41
<< マンハッタンの夜景 ロスカボス >>